家を2度失ったオスの三毛猫 人懐っこく保護猫カフェの人気者に

   福を招くとされ、招き猫のモデルにもなる三毛猫。しかもオスともなれば、希少価値が高く、珍重されてきたものだ。だが、2度も家を失い、遺棄されそうになった過去を持つオスの三毛猫がいる。その猫は今、千葉県内の保護猫カフェで人気者になっていた。

(末尾に写真特集があります)

   千葉県船橋市習志野台。大きなショッピングモールの一階に、保護猫カフェ「ととの森」がある。入り口を入ると、緑の葉が茂る空間に、テーブルと椅子が並んでいた。天井近くにキャットウオークが張り巡らされ、奥にガラスで仕切られた空間がある。

「猫たちは保護スペースと、奥のふれあいスペースで過ごしています。みけおくんは奥にいますよ」

小学生の女の子が会いにきました「元気?」「うん」
小学生の女の子が会いにきました「元気?」「うん」

 店長の今村瞳さん(60)に案内されて、奥のスペースに行ってみた。手を消毒して、靴を脱ぎ、ドアを開けると、7畳ほどの部屋で猫たちがくつろいでいる。すると“誰?”というように、白地に黒と茶の三毛猫がこちらに顔を向けた。みけおだ。

 ちょっと面長な顔。愛嬌たっぷりな表情で、こちらに頭をくっつけてきた。

「人が好きな、かまってちゃんなんですよ(笑)」

波乱に満ちた三毛猫の半生

   みけおは今年3月で5歳になる。このカフェに来たのは一昨年9月、2歳半の時だ。

   オスの三毛猫が生まれることは遺伝上、極めて少なく、3万分の1の確率といわれる。その希少さから、航海の守り神として船乗りに珍重され、南極観測隊にも同行したこともある。

「今日は誰と会えるかな」
「今日は誰と会えるかな」

   家猫としても大切にされそうだが、みけおの半生は決して平穏ではなかった。家族と縁がなく、これまで2度も家を変わったのだという。

「みけおには黒猫のきょうだいがいて、子猫のころは別々の家で暮らしていたそうです。でも飼い主さんに事情があって手放し、きょうだいがいる家にいったんひきとられた。ところが今度はその家で家族に不幸があり、親族が「猫たちを捨てる」といったそうです。その話を聞いた保護団体が2匹を保護し、『みけおをひきとってほしい』と、うちに相談があったんです」

自分の胸をチュウチュウ

   通常、保護猫カフェは、新たな家族を見つけるための中継点となる。だが、オスの三毛猫が珍しいことを知っていた保護団体は、みけおが「転売」されることを心配した。団体の信頼を受けた今村さんは「どなたにも譲らず、カフェの子として大事にしてほしい」と頼まれたそうだ。

 三毛のオスは繁殖能力が低いといわれるが、みけおは前の家族に去勢手術を施されていた。「ととの森」にやって来た頃のみけおは甘えん坊で、少し不安そうだった、と今村さんはいう。

カフェのふれあいルームでくつろぐみけお君(下)
カフェのふれあいルームでくつろぐみけお君(下)

「膝に抱っこされるのが好きで、抱き上げると自分で自分のおっぱいをチュウチュウ吸うんです。店に来た頃はずっとそうしていたので、不憫でしたね。子猫の頃から十分に甘えられなかったのかなと……」

   新しい環境に慣れると、ほかの猫とじゃれて、遊ぶようになった。人が好きなので、お客さんが来ても隠れることはなく愛嬌をふりまき、キャットウォークをたたたっと走ってみせるようになった。

ひょんなことから猫助けに

 今村さんは、不動産取引とリフォームをする会社の経営者。

 今村さんの“猫助け”への思いは、15年前、メス猫「華」との出会いから始まった。会社にいく途中、たまたま国道沿いで盲目のメスの子猫を拾い、家に迎えて世話をしてきた。てんかん持ちで薬も飲ませていたが、獣医師に1匹で留守番をさせるなら仲間がいた方がいいと助言され、仲間の猫を迎えた。2匹は発作が起きるたびに寄り沿い、華は14歳まで生きたという。

 20165月に保護猫カフェ「ととの森」を始めたのも、ひょんなことがきっかけだった。

猫が喜ぶような工夫がされている
猫が喜ぶような工夫がされている

 ショッピングモールの建設中、隣の接骨院の内装工事を請け負って出入りしていた。その時、モール内のカフェスペースに急に空きが出て、「何か店を持ちませんか」と建物の担当者から相談を受けたのだった。

「猫助けができるのではないかと保護猫カフェの提案をしました。窓がない空間なので、できるだけ猫も自然を感じるように、風を送り、床にへこませて池を作って。猫たちが驚かないように、あえて目立たない入り口にしているんですよ」

「ととの森」を始めてから、今まで180匹を譲渡した。現在もみけおを含め15匹の猫がいる。スタッフの自宅でも、ハンデのある猫など9匹を預かっているそうだ。

「『いなかの両親が飼えなくなった』とか、『道でふらふら歩いている』というような保護要請の連絡が毎日のようにあります。保護猫の数が多いので、先日、寄付を募って一軒家を借りて、シェルターを作りました。そこには23匹いて、ここのカフェを引退した高齢猫なども暮らしています。運営は決して楽ではないですが、猫のために本業をがんばっています」

先々のことも考えて協力関係を作る

「ととの森」を始めた当初こそ肩肘を張っていたというが、今では猫たちを守るために、仲間との関係を大事にして、多数のボランティアの協力を得ている。

「もし私が倒れて、それまでとなったら、飼育崩壊と同じこと。だから主に千葉市、船橋市、習志野市のボランティアと連携をとって、定期的にここで会合を開いて、代表の私が何かあったときも“引き継げる”ような組織にしようと話し合いを進めています」

「みけおはここを走るのが好きなんですよ」と今村さん
「みけおはここを走るのが好きなんですよ」と今村さん

  カフェのテーブルで話を聞いていると、頭上でたたたっと足音がした。みけおがふれあいスペースから出て、キャットウォークを歩いていた。その姿を今村さんが優しく見守る。

 人気者のみけおだが、実はまもなくカフェを卒業する予定だという。

「みけおは元気だけど、気を遣うのか、最近少し疲れがみえるんです。これまで広報部長として、十分みんなを楽しませてくれたので、引退させて、今後はゆっくりできる環境で過ごしてもらいたいと思います。夏ごろに引退式をする予定なので、会いにきてほしいですね」

“それ僕のこと?”とでもいうように、みけおが愛嬌たっぷりに小首を傾げた。波乱に満ちた半生を過ごしてきたみけお。これから先は穏やかな暮らしが待っているのだろう。

【関連記事】 秋葉原に保護猫カフェ 大都会で保護されたワケあり猫が集う

ととの森のfacebook
藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は16歳の黒猫イヌオと、2歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。