みるみる回復した腎臓病の猫「ぽんた」 運よく抗生剤が効いた(41)

 慢性腎臓病のぽんたの症状が悪化してから1カ月ぶりに、ぽんたが爪研ぎで爪を研いだ。

(末尾に写真特集があります)

 動作はゆっくりで弱々しくはあったが、久しぶりに見せる猫らしい行為だった。

 しかし喜んだのもつかのま、その足で猫トイレに向かったぽんたは、出たり入ったりを繰り返した。しばらく猫砂の上にしゃがんだと思えば立ち上がり、トイレから出て振り返り、不審そうに砂の上をじっと見る。そして「あーうー」と高い声で鳴いた。

 膀胱炎だ、と私は察知した。腎臓病の猫は細菌感染による膀炎症にかかりやすい。2年前の夏に、ぽんたも1度経験していた。

 すぐに動物病院に連れて行くと、予想通りの診断だった。

注射で抗生物質を投薬してもらい、しばらくの間は毎日、細菌感染を抑えるための抗生剤を家で飲ませることになった。

 抗生剤は、種類によっては腎臓に多少負担をかける場合があるという。

「床がひんやり気持ちがいい」(小林写函撮影)
「床がひんやり気持ちがいい」(小林写函撮影)

 少し前、ぽんたの腎臓病悪化によるよだれや口臭を緩和するのに、抗生剤は効かないのかと、ツレアイが院長先生にたずねたことがある。その際、効果がある可能性は高いが、これらの症状を抑えるためだけの投与はすすめられない、ということを言われた。生命に直結する症状ではないから、ということだったのだろう。

 しかし今回は膀胱炎だ。悪化して尿が出せなくなると危険で、それこそ命にかかわる。ぽんた自身もつらそうだ。薬の種類を選び、腎臓に影響を与えない薬用量での処方となった。

 帰宅すると、私はさっそくぽんたに薬を飲ませた。

 薬は、たちまち効いた。

 その日の夜から、トイレへの出たり入ったりはなくなり、翌日は「ほなー」と鳴きながら、リビングを闊歩するようになった。

 顔を器に突っ込むようにしながら、だるそうに飲んでいた水にも、体を起こして向かい、ぴちゃぴちゃと軽快な音を立てて舌を動かすようになった。

 その翌日は、水を飲んだあと、ゆっくり前脚で顔を洗い毛づくろいをした。

 さらに翌朝、口の周りを拭こうとしてぽんたの顔を見ると、小ざっぱりとしていて驚いた。目やにや鼻水、よだれが止まったようだ。抗生剤が運よく、膀胱炎以外の症状にも効いたのだろう。

 ぽんたと私たちにとって、まるで「魔法の薬」だった。

「おじちゃんは冷えるとすぐにおなかをこわすから、ぼくのまねはしないって」(小林写函撮影)
「おじちゃんは冷えるとすぐにおなかをこわすから、ぼくのまねはしないって」(小林写函撮影)

 それからのぽんたは、しおれていた植物が水を吸って生き返るように、みるみる回復した。ベランダに出たがるようになり、チェストにのぼっての、窓外のパトロールも復活した。背中を盛り上げてバリバリと爪を研ぐようになり、帰宅すると玄関に迎えに出てきて、足に体をこすりつけながら私のあとをついてまわった。

 昼間はソファで一緒に昼寝をし、夜、ベッドに入ると添い寝をしてくる。

 抗生剤を飲ませて2週間が経つころには、ぽんたに以前と同じような目の輝きと毛づやが戻った。「なー、なー」と、私たちに話しかけるような元気な鳴き声が、家の中に響くようになった。

 違っているのは、体重がさらに減って3.3kgになり、明らかに見た目に痩せてしまったことと、相変わらず自分からはフードを食べようとしないことと、遊びに興味を示さないこと。

 それでもよかった。

 一度は覚悟をした「お別れ」が遠のいたのだ。私は、ぽんたの膀胱炎に感謝したい気持ちだった。

「夏の二段ベッドは下が涼しいよ」(小林写函撮影)
「夏の二段ベッドは下が涼しいよ」(小林写函撮影)

 ぽんたが元気になったことでひとつだけ困ったことが発生した。リキッド状の療法食をシリンジで与える際、ぽんたが異議を唱えるようになったのだ。

 その形状や白い色から、私はこの療法食を「ミルク」と呼んでいた。「ミルク」を充填したシリンジを右手に持ち、左手でぽんたの頭を押さえると「うー」とうなりはじめる。シリンジを口の端に近づけると、ぶんぶんと頭を振る。

 ペースト状のフードを給餌していたときは、ぽんたの抵抗に耐えられず、すぐに諦めた。

 だが今回はそうはいかない。「ミルク」は今のぽんたにとっては命綱なのだ。

 なんとか、うまく飲んでくれる方法を考えることが、私の新たな任務となった。

【前の回】腎臓病の猫「ぽんた」を介護する日々 大変だがつらくはなかった(40) 
【次の回】猫「ぽんた」に療法食を嫌がられ落ち込む でもあきらめはしない(42)

宮脇灯子
フリーランス編集ライター。出版社で料理書の編集に携わったのち、東京とパリの製菓学校でフランス菓子を学ぶ。現在は製菓やテーブルコーディネート、フラワーデザイン、ワインに関する記事の執筆、書籍の編集を手がける。東京都出身。成城大学文芸学部卒。

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
猫はニャーとは鳴かない
ペットは大の苦手。そんな筆者が、ひょんなことから中年のハチワレ猫と出会った。飼い主になるまでと、なってからの奮闘記。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。