犬の散歩途中に見つけた甘え上手な子猫 保護主はメロメロに

ひなたぼっこって気持ちいい
ひなたぼっこって気持ちいい

 毎朝の犬の散歩コースの草むらで、1匹の子猫を見つけた。母猫の姿は見当たらず、足も汚れていなかったので、捨て猫だと思われた。保護した女性はミルクティー色の子猫を自宅で飼うことにした。

(末尾に写真特集があります)

 奈良県でイタリア料理店「トラットリア前澤」を営む前澤さん夫妻。妻の睦(むつみ)さんは、保護猫を譲渡してもらって飼ったことをきっかけに、「Life for cats in NARA」を立ち上げ、猫のTNR活動や地域猫活動の推進・啓発などに熱心に取り組んでいる。

 自宅では、ラブラドールレトリバーのボスくんと、チワワパピヨンのチビ太くんも飼っていて、毎日早朝に散歩をして、外猫にエサをあげるのが日課になっていた。

道端で鳴き続けていた子猫

 2016年9月、いつもの散歩コースを歩いていると、川のほとりの草むらから猫がニャーニャー鳴く声が聞こえてきた。あたりを確認すると、ミルクティーのような色をした子猫が1匹いた。

 野良猫の子猫とはいえ、突然、子猫がたった1匹で現れることはほぼない。日頃から、この地域にどんな猫がいるのか把握している前澤さんは、この地域で暮らす野良猫が産んだ猫ではなく、誰かが捨てたのではないかと考えた。

保護されて、ぐっすり眠る
保護されて、ぐっすり眠る

「周辺に母猫の姿は見当たらず、天気予報では、翌日から台風が来ると言っていたので、とるものもとりあえず保護したんです。最初はシャーッと威嚇してきましたが、手を伸ばしても逃げることはなく、すぐに抱きかかえることができました。ノミやダニもついていなくて、足も汚れていなくてきれいなまま。この色柄の猫は、この地域にはいないので、恐らく捨てられたのだと思います」

甘えん坊な男の子

 この頃、まだ猫の保護活動を始めたばかりだった前澤さんは、「ボビー」くんと名付けて、先住猫のアンジェリーナちゃんらと一緒に自分で飼うことにした。生後約1ヶ月半。ずっと睦さんのそばにいて、目と目を見て話をしたのだという。

いたずら大好き、遊ぶことが大好き
いたずら大好き、遊ぶことが大好き

「甘えん坊で、上目遣いに話しかけてくるところが可愛いんです。いつも一緒に寝ています」

 ボビーくんは前澤さんに対してはおっとりした態度で接するが、猫同士だと激しく遊びたいタイプ。自分が遊びたくなると、先住の猫たちにちょっかいを出して好き放題暴れている。

「すごく男の子らしい筋肉質の体型で、カッコイイところも好きなんです。他の猫をかまっていると、やきもちを妬いて、じーっと見ているんです」

 前澤さんはそんなボビーくんが可愛くて仕方がない様子だ。「彼氏」と化している。

【関連記事】 お寺に捨てられたガリガリな子猫 見違えるほど、かわいらしく

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。