モヒカン刈り、反骨のロッカー? 女に媚びないパンクな老猫

 白地に黒。頭に鶴のような模様があった子猫は、縁あってカメの飼い主に引き取られた。かわいらしかった子猫は、成長すると、モヒカン刈りの反骨の猫として、注目を浴びるようになった。

(末尾に写真特集があります)

 強烈なインパクトを放つ、モヒカン刈りの猫「つるきち」(15歳、オス)は、東京都新宿区にあるグラフィックデザイン事務所「フロゥト」に住んでいる。

 扉を開けると、やはりロックな印象がある白黒のチェック模様の床が目に入る。そこに座っていた猫が、こちちをキッとにらんだ。

 事務所オーナーで、飼い主の梶谷正人さんが迎えてくれた。なんと、その頭もモヒカン刈りだ。

「床も頭も合わせたみたいでしょう。でも、つるきちが来る前からなんです」と妻の裕子さんが笑う。

 手を伸ばして、撫でようとすると、つるきちは“なでんじゃねえよ”と言うかのように身をひるがえし、奥に歩いていった。

 梶谷さんが説明してくれた。

「女嫌いでね(笑)。たまに宅配のお兄さんにはよい対応をするけど、基本はビビリ」

梶谷さんとつるきち、裕子さんとかめきち。「キメてやったぜ」
梶谷さんとつるきち、裕子さんとかめきち。「キメてやったぜ」

カメのために行った病院で出会う

 梶谷さん夫妻がつるきちに会ったのは、15年前、20045月のこと。当時から飼っていたギリシャリクガメの「かめきち」(23歳)を検査のため連れて行った動物病院で、獣医さんから「猫を飼いませんか?」と声をかけられたのだという。きょうだい3匹で拾われた子猫だった。

3匹のうち、こいつだけ強烈な模様で(笑)。ちょうど事務所がペット可物件に引っ越したばかりだったので、迎えることにしました。その時、ドクターに『模様が際立っているから、成長記録を撮るといですよ』と言われて」

 飼い始めた時は、生後3週、わずか数百グラムだった。丹頂鶴のような頭をしていたので「つるきち」と名付けた。

 梶谷さんは手に乗るほど小さな子猫に、注射器でミルクを与え、日々の様子をブログ「つるきち」に載せ始めた。事務所を歩き回ったり、物陰で眠ったり、壁をよじ登ったり……

「若い頃は忙しくて、カメ以外を飼うという発想がなかったけど、猫を暮らすと面白くて。よく動いて刺激的。とにかく存在感があった」

 ただ、成長するにつれ、チャームポイントだった“鶴の頭”は、次第に“モヒカン刈り”のように変わっていった。その頭を見て、梶谷さんは「自分に似てる」とつくづく思ったそうだ。

「俺は音楽(レゲエバンド)もしていて、昔は長髪だったんだけど、だんだん短くして、ツンツンと立たせるようになった。その後でつるきちと会ったので、運命を感じたよね」

幼い時のつるきち「激カワだろ」(提供写真)
幼い時のつるきち「激カワだろ」(提供写真)

モヒカン人気が再燃

 梶谷さんは、毎日休まずブログにつるきちの写真を載せ続けた。スニーカーに入ったり、コスプレをしたり、旅行に行ったり、古いPCモニターをくり抜いたベッドで寝たり……。超個性的な見た目は人気を呼び、全国にファンができた。

「つるきちの絵を描いて送ってくれたり、おみやげを送ってくれたり。仕事の時も、メールで済むような用事なのに、『猫に会いたいので』とわざわざ事務所に足を運ぶ人もいたなあ。もっとも、つるきちは、そっけなかったけど」

 そんなつるきちが、今年また注目を浴びた。テレビの動物番組で取り上げられたのだ。まるで往年のスターの再ブレークのように。

 番組の中、つるきちは、パンクロッカーのように「シャーシャー」とがなりたてていた。

「つるきちは掃除機が嫌いでシャーをするんだけど、ほかにも大の天敵がいる。仕事仲間で、猫好きのとても優しい女性なんだけど、つるきちはソリが合わない。いつ来ても怒る。ドアを鳴らさず、そっと来ても怒る。番組収録の時、彼女が家にやって来たら、やっぱり大興奮だった」

「背中もデザイン性が高いのだ」
「背中もデザイン性が高いのだ」

いつまでも見守りたい

 子猫だったつるきちも15歳。さいわい大きな病気や事故に合うこともなく、これまで過ごしてきた。

 裕子さんが「つるきちは、たまに吐くけど、歯はとてもいいのよね」と言うと、梶谷さんがうなづいて「年に一度、病院に検査に行くと、『元野良猫にしてはよくがんばってる』と言われるよな」と返す。

 それでも高齢になったつるきちは、近ごろでは梶谷さんの仕事中、パソコンの横でずっと昼寝をしている。時々マウスが動かなくなるので、ひっくり返してみると、つるきちの毛が詰まっているという。

 これからも夫妻で、つるきちをおおらかに見守り、サイトを更新しつづけるのが夢だ。

「赤ちゃんの頃から見続けてくださる方もいるので、ずっとアップしたい。ただ、このごろ寝ている時間が多くて、今日も寝てる、また寝てるって、ネタが同じ(笑)。元気でいるってことが最大の話題だけどね」

 そう言って梶谷さんは、同じ髪形の“相棒”を見つめた。

【関連記事】 ハート型の口もと 黒い捨て猫がもたらした家族の幸せ

ブログ「つるきち」
藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。