ガリガリだった大型犬、救出され、幸せな家に 少女とともに成長

 劣悪な環境から救出された大型犬ゴールデン・レトリーバ-が、犬を飼いたいと切望していた少女と出会った。その出会いが、犬の生活を一変させ、少女も変えた。

(末尾に写真特集があります)

   埼玉県川越市。瀟洒な家の玄関先で、人なつこそうなゴールデン・レトリーバーが迎えてくれた。目をキラキラ輝かせ、しきりに尾を振る。「アル」(2歳、オス)だ。

   吹き抜けになった居間には、大きな木製のハウスがあった。中学1年生の大澤晴奈さん(13)が説明してくれる。

「ハウスはパパの手づくり。最初の頃は弟たちが一緒に入ったりしていました(笑)」

   両親と子ども3人が暮らすこの家にアルがやって来たのは、2017年12月。晴奈さんが小学6年生の時だった。

「出会えてよかった」「僕も」
「出会えてよかった」「僕も」

待ち焦がれた犬との暮らし

   母の美智さん(40)が当時を振り返る。

「娘は小さな頃から犬を飼いたがっていました。でも『そのうちね』『いつかね』と私が何年も先延ばしにしていたんです」

 美智さんの実家では超大型犬を飼っていた。美智さんが実家を出たあと、高齢になって寝たきりになった犬を母親が介護する様子を見て「大変だ」と実感し、躊躇していたのだ。

   そうこうしているうちに、晴奈さんは近所に住むお年寄りの飼い犬の散歩の手伝いを始めた。そして、ある時、母に抗議した。

「ママずるい! 『いつか』って、いつ? その気がないなら『いつかそのうち』なんて言わないでよ」

   美智さんはその言葉にはっとした。その夜、夫に相談し、「飼うなら保護犬」と情報を探したという。すると翌日、市内の百貨店で保護団体「Dog-Nuts(ドーナッツ)」が譲渡会を開くことがわかった。習い事が休みだったこともあり、家族全員で見に行くことにした。

美智さん、晴奈ちゃん、拓真君、晃人君と。いつも賑やか
美智さん、晴奈ちゃん、拓真君、晃人君と。いつも賑やか

予想外の出会い

  そこには予想外の出会いが待っていた。晴奈さんがいう。

「お目当ては、ネットにも紹介されていた中型のミックス犬でした。スタッフにミックス犬のことをいろいろ聞こうとしたら、『今日は連れてきていないけど、ほかにも紹介したい犬がいるよ』と言われて。スマホで見せてくれたのが、ゴールデン・レトリーバーのアルだったんです」

   写真をみた途端、晴奈さんの胸が高鳴った。「いつかは飼ってみたい」と最も憧れていた犬だったからだ。

   大型犬のため、美智さんは少し戸惑ったが、お見合いすることにした。譲渡会の10日後、公園でアルと待ち合わせると、初対面ながら、家族のほうに一目散に駆け寄ってきて、車に乗ろうとした。そのけなげさに美智さんの心も動いた。責任を持ってこの子を迎えたい。それから20日後、トライアルが始まった。

雨上がりに原っぱに出てみました
雨上がりに原っぱに出てみました

ネグレクトされた犬

 保護団体にいる犬猫は、つらい過去を抱えているケースが少なくない。アルにも晴奈さん親子が驚くような過去があった。

   アルは、もともと地方に住むサラリーマンが子犬の頃に買って、飼い始めた犬だという。だが、すぐに持てあまして『自分では飼えない』と実家に連れて行った。実家では屋外の狭い場所につながれ、糞尿にまみれ、散歩にも連れ出してもらえなかった。餌は家主が時おり投げ与える少量の残飯で、ガリガリに痩せていたという。

「あれでは虐待だ」と近所の人から声があがり、Dog-Nutsに連絡が入った。この飼育状態はひどいと懇々と説明して、家主から引き取ったのだという。アルは歩けないほど弱っており、車に乗せられて家を離れる時、後ろを振り返ることもなかったそうだ。

「衰弱しながらも誰かの助けを待っていたのかもしれない。そう思うと切なかったですね…」と美智さんはいう。

 今では、よろよろと歩けなかった昔の姿が想像できないほど元気になった。

晴奈ちゃんとの息もぴったり
晴奈ちゃんとの息もぴったり

最年少のボランティア

   晴奈さんの家の前は畑があり、その先は原っぱになっている。アルは毎朝2回づつ、散歩に出かけるほか、ドッグランのような広い原っぱを駆け回る。

   原っぱでボール遊びの相手をするのは2人の弟。泥だらけになったアルをシャンプーするのは晴奈さんの役目だ。美智さんは、一番大変な世話を率先して引き受ける娘の姿に、少し驚いたという。

「晴奈も以前は、弟や家のことでイライラしていたけど、アルが来て、落ち着いたわね」

 さらに晴奈さんは部活がない休日などに、Dog-Nutsの手伝いをするようになった。譲渡会の会場で、参加する犬の排泄の始末をしたり、人慣れしていない犬と遊んであげたりする。

「ボランティアのみんながワンちゃんのために尽くし、幸せにしたいと思っている、それを見て、私にも何かできることないかなって考えたんです。両親に相談して、他の保護犬の預かりもこれからすることにしました。アルも手伝ってくれる?」

   晴奈さんが姉のように優しく話しかけると、アルは“笑顔”で見つめ返した。

藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

毎日朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを、sippoのトップページで紹介。
#朝ワンコ夕ニャンコ のハッシュタグをつけて、Instagaramまたはtwitterでペットの写真を投稿してくださいね。

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。