冬の公園、ビニール袋で捨てられていた子猫 猫好き夫婦のもとへ

 冬の公園に3匹の子猫が捨てられていた。ビニール袋に入れられ、木につるされていた。寒空の下、そのままでは命も危なかったが、幸い優しい人に見つけられ、保護団体に託された。

(末尾に写真特集があります)

公園に木につるされて

 2017年12月、大阪府内のある公園。3匹の子猫がビニール袋に入れられ、木に吊るされていた。産まれたばかりのようで、目も開いていなかった。寒空の下、気づく人がいなければ、たちまち死んでいただろう。

 幸い子猫たちに偶然気づいた人が保護し、ダンボール箱にカイロや湯たんぽを入れて温めてやり、一命をとりとめた。その後、子猫たちは保護団体「ワンハート大阪」に託された。

 子猫たちはすくすくと元気に育った。ミャオミャオ鳴いて、フードを「早く食べたい」と要求するようになったそうだ。

キャットタワーで遊ぶ雷蔵くん
キャットタワーで遊ぶ雷蔵くん

譲渡予定の子猫が亡くなって

 大阪府内に住む白築さん夫婦は、ワンハート大阪から2017年4月に1匹の子猫を譲り受けていた。小鉄くんと名付けて、可愛がっている。ただ、1匹では帰省の時などに留守番をさせるのがかわいそうだと、2匹目の猫を探していた。

 10月にワンハート大阪のホームページで気に入った子猫をみつけ、譲渡に手をあげたという。仕事などの都合で、年明けの1月4日に家に迎えるはずだった。

「『獅子丸』という名前まで考えて、家に来るのを楽しみにしましたが、FIP(猫伝染性腹膜炎)という病気で亡くなってしまったんです。そこで、新たに出会ったのが、公園に捨てられていた子猫でした。3兄弟のうち、獅子丸に一番よく似た子猫を譲渡してもらうことにしました」

きょうだいのような2匹
きょうだいのような2匹

先住猫との相性も抜群

 2018年2月28日、白築さんは生後3ヶ月の子猫を家に迎えた。「雷蔵」くんと名前を付けた。

「先住猫の小鉄は、雷蔵と顔を合わせると、すぐに歓迎したんです。雷蔵も、朝起きると、小鉄を探して、胸にうずくまって甘えました」

 2匹は血が繋がっているわけではないが、まるで本当の兄弟のようだった。じゃれ合う時の力加減も小鉄くんが雷蔵くんに教えたという。子猫の雷蔵くんは、玄関のドアが開くと、すぐに出ていこうとしたが、“それはだめだよ”と小鉄くんが引き止める。

 誰かが真冬の公園に捨てていった子猫。雷蔵くんは、生後間もなく保護されたため、人の愛情も知っていて、とても人懐っこい。温かな家で、先住猫の最高のパートナーになっている。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。