不衛生な状態で猫14匹を飼育 虐待の疑いで書類送検

(画像と本文は関係ありません)
(画像と本文は関係ありません)

 多数の猫を不衛生な状態で飼育したとして、北海道警の札幌南署は3月1日、札幌市東区のいずれも派遣社員の男(48)と妻(46)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検し、発表した。夫婦は「餌をやるだけで金銭的に精いっぱいになってしまった」と容疑を認めているという。


 署によると、夫婦は昨年8~10月、同市南区の住宅で猫の排泄(はいせつ)物や死骸を放置したまま、14匹を飼育して虐待した疑いがある。夫婦は以前この住宅で暮らしており、「お金がなくて去勢できず猫が増えてしまった」などと説明している。昨年7月ごろから、「異臭がする」などと近所の住人の通報が相次いでいた。猫はすでに同市の動物愛護団体に引き取られたという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。