来客に甘えまくる猫と、遠くから見守る猫… 女性一人には寛容?

あたためあう2匹
あたためあう2匹

 前回は、私のインフルエンザ感染により、猫たちに少しさみしい思いをさせてしまったお話を書きました。

 それほど重症化しなかったものの、体調不良が思いのほか長引いてしまい、田舎の母が半日ほど看病に来てくれました。

 猫たちが我が家で暮らすようになってから、母が来たのは2~3回目。いずれもわずかな時間です。猫たちは、どの程度来客について認識しているのか分かりませんが、“大人の女性1人客”に関しては、寛容なほうだと思います。

 サビ猫あんずは、最初の1分くらいは少し距離を取るものの、すぐに“なでて”オーラを放ち、初めての来客と仲良くなってしまいます。

 今回は、母のことを覚えていたのかどうかは分からないけど、母が家に上がると、すぐに母の足元にまとわりつき、ゴロンと腹まで見せて「ゴロゴロにゃ~ん」と甘え声を出し、母になでてもらって大喜び。

 私が体調不良であまりかまってやれなかった分、誰彼かまわず、女の人に甘えたいという感じもしました。

 母は母で、実家で猫を飼うようになってから、猫好きの仲間入りをしたようで、あんずの全身を存分になでまわしてくれました。

「Kちゃ~ん(実家の猫の名前)じゃなかった、誰だっけ。人懐っこいねえ」

 母は、私を呼ぶときも、孫(私の姪)の名で呼ぶような適当な人間なので、うちの猫の名を覚えていなくても仕方ありません。

 そんなことより、それほど動物好きでもないまま70年くらい過ごしてきた母が、よその家の猫とも仲良くできるようになるなんて、人って何歳になっても変われるものだな……なんて、しみじみ感じました。

「アラ、この子は噛まないね。お行儀が良いね」

 実家の猫Kちゃんは、人になでられると、思わず噛んでしまうタイプのようで、母の中では「猫は噛む生き物」という認識が少なからずあるようでした。我が家の猫の場合は、猫同士でのみ噛み合うので、人を噛まない猫もいると分かってもらえてよかったと思います。

 その後も、あんずはずっと母に甘えていて、まるで飼い猫のような振る舞いでした。私に甘えられなくて、さみしかったんだろうなぁ……。それとも、やっぱり“母性”を持つ女性が放つ何かがあるのだろうか……なんて思ったり。

 一方、ビビりのキジトラ猫モモはというと……。こたつの中に隠れっぱなしでした。

 もっと大人数が来た場合は、こたつでは安心できず、もっと人から離れたところに隠れてしまいます。今回は母のことを覚えていたためか、女性一人客だったからか、ビクつきながらも、少しは受け入れていたようです。

 それでも、母がこたつに入ると、モモはすっ飛んで逃げてしまいました。

 しばらくすると、ソロリソロリと出てきて、遠くから目を光らせ、母の動向を見守っていました。来客中は一度も姿を見せないことがほとんどなので、モモにとっては大きな進歩です。

 モモにも誰かに甘えたい気持ちはあると思いますが、ビビりの気持ちが圧勝していたようです。次回、母が来たとき、モモがもう少し早めに姿を現してくれたら、“ちゃんと母を認識している”という証明になりそうです。

 モモは母が帰宅してから、私に異常に甘えるようになり、ずっとそばに寄り添っていました。

 長く家にいると、猫たちとの関係が深くなるような気がします。猫がいてくれるおかげで、療養中も和みますね。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。