小さな犬が結んだ愛 「この子をなんとかしなきゃ」から、結婚へ

愛嬌たっぷりだったココ
愛嬌たっぷりだったココ

 西国分寺駅(東京都)から徒歩10分。5階建てのマンションで石原直之さん(51歳)と寿子さん(43歳)夫妻は、チワワのすみれ(メス、3歳)暮らしている。

(末尾に写真特集があります)

 今年2月まで、石原夫妻には、ココというもう1匹の大切な家族がいた。チワワのオスで、すみれの良き兄貴分。留守番は仲良く2匹でしていたのだが、ココは突然、病気で旅立ってしまった。享年10歳だった。

「もっと長生きできたかなと思うと本当につらくて、主人と2人で泣いてばかり……」

 石原さん夫妻が勤めるのは、多摩地区にある住宅リフォーム会社「ホームテック」(0120-89-1802)。ペット飼育用のリフォームも手がけている。直之さんは取締役部長で、寿子さんはプランナー。職場で出会い、4年前に結婚した。ココは直之さんが独身時代から飼っていた犬で、連れ子ならぬ、“連れ犬”結婚だった。

 寿子さんが独身時代を振りかえる。

「主人と付き合うようになって、初めて彼の家を訪れた時は、驚きました。ゴミが散らかっていて。さらに驚いたことに、散らかった中に、犬がちょこんと。それがココでした」

 寿子さんに会うやいなや、ココは思いっきりシッポを振って近寄って来たという。

「ボクを救って~っ、て感じでしたね(笑い)主人は残業で帰りが遅いし、本当にこの子をなんとかしなきゃって。それで家に通うようになり、主人との付き合いも深まりました」

 寿子さんはココの救世主で、ココは2人のキューピッド。まさに犬が取り持つ縁だった。

 デートはたいていココを連れて、日帰りで海に行ったり、山に行ったり……。

 そして2012年に婚約。寿子さんの実家に近い今のマンションを購入した。富士山が見える30平方メートルのベランダは、チワワが走り回るのには十分な広さ。約50平方メートルの2DKは、人も犬も動きやすいようにと、寿子さんがプランを立てて、1LDKにリフォームした。玄関とキッチンの壁には犬用ドアも取りつけた。

 だが、結婚し、新居で生活し始めると、夫婦そろって朝仕事に行く時に、ココを置いていくことが気になった。

「結婚した時にココは7歳でしたが、寂しくないように仲間を迎えたらどうかなと思ったんです。ココと合う性格の子だったら、と主人も賛成してくれました」

 そして結婚の1年後、すみれを迎えた。

「ココは小さなすみれを受け入れて、面倒を見ていました。2匹でむつまじく寝ている姿を見ると、仕事の疲れも吹き飛びましたね」と直之さん。

 2匹の散歩は深夜。直之さんが帰宅後に公園まで連れていった。

 でも2匹が過ごしたのは結局、3年間だけだった。ココが今年2月、突然体調を崩したのだ。

「白血球が少なくなっていて、入院したのですが……。治療のかいなく1週間後に旅立ちました。亡くなった日は先に妻が会社から戻り、危篤の知らせを受けて僕も会社からタクシーで駆けつけました。運転手さんに、『恥ずかしながら犬が死にそうで』、と伝えたら『自分もこの前犬を亡くした』といって猛スピードで走ってくれて」

 運転手さんの計らいでその時に間に合い、夫婦そろって愛するキューピッドを看取った。

「妻よりも長い付き合いだし、特別な存在でした。いいやつだった」

 独身時代からの“相棒”ココの夢を、直之さんは今でもよく見るという。

(その後のすみれとの生活、意外な展開については、次回へ続く)

 

<関連記事>

◇チワワに3階下の“別宅” 高齢のマンション住民が保育ママに

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は17歳の黒猫イヌオと、3歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。