ハンターにしつけができない理由は〝見えないプロフィル〟

くまモンのうちわと戦うハンター
くまモンのうちわと戦うハンター

 推定3~5歳と聞いている保護犬のハンターは、ミニチュア・ピンシャー3匹目の私からしてみると、限りなく2歳に近い3歳なのではないか……という話はこれまでにも書いてきました。

 正式譲渡になってから2カ月目ぐらいのころから徐々に〝本性〟を出し始めたハンターは、とにかく家にあるモノをかんだり、かみちぎったりするのが大好き。

 最初の「マイブーム」は、私が毎週お世話になっている名古屋のホテルの名前入りスリッパでした。見つけるやいなや、かじってボロボロにしてしまいます。

 次に好きなのはうちわで、このあいだも、くまモンのうちわをボロボロにしたばかり。

 最近では、私がコレクションしているスヌーピーのプラスチック製おもちゃを椅子にのぼってまで取りに行き、解体しています。

 以前、ちょっと目を離したスキに家具の滑り止めをかじって、それが奥歯に挟まり、「病院騒動」を起こしているハンターですから、かじっている音が聞こえようものなら、素早く飛んでいって取り上げています。

 でもそこで、ハンターのことを叱れないのです。私だけではありません。ピンやココのしつけに、かなり厳しかった夫も、ハンターに嫌われたくない一心で、全く叱らないのです。

 私が叱れない理由は、〝見えないハンターのプロフィル〟にあります。

 どうして、寒い中を首輪もせずにミニピン3匹で連れ立って大通りを歩いていたのだろう。どうしてハンターは白髪まじりなのだろう。どうしてハンターは、まるで月形半平太のように、顔に切り傷があるのだろう。

 私の想像はどんどん悪いほうへと膨らんでいき、きっと虐待されていたに違いない。真正面から鋭利なモノで切られたに違いない。だからハンターは正面からなでようとすると逃げてしまうのだ……。

 そこまで想像が悪いほうへと膨らむと、もう2度とハンターにはキツイ言葉だったり、もちろん、手で頭や身体をはたいたりは、絶対にしてはならない……と思ってしまうのです。

 とはいえ、ハンターは8割がた、トイレを成功させるし、お散歩は上手。そして、「ストップ」という号令で止まることだけは、できるのです。

 トレーナーさんについて、「ノー」も「タッチ」も「ダウ~ン」も「ステイ」も完璧だったピンや、見よう見まねでそれらを習得したココに比べると、なんにもできないハンター。でも、表情や性格がかわいくてかわいくて、私にはもうハンターがいない生活は考えられないのです。だから、いつか、しつけやトレーニングをしなくてはなぁと悩む日々です。

 そんなハンターと譲渡会で出会ってから、はや半年が過ぎようとしています。

被害者はくまモンのうちわ
被害者はくまモンのうちわ
山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。「踊る!さんま御殿!!」「ノンストップ!」などを構成。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この特集について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。