昼間は「別宅」で過ごし、夜は「本宅」で 2匹の愛猫がいちばん好きなのは…

茶トラ猫
「本宅」の妻のふとんで、くつろぐきなこ

 我が家の愛猫のジャッキーときなこは、神出鬼没である。でも、だいたいの規則性はある。昼間は「別宅」で過ごし、夜寝るときは「本宅」に戻ってくる。さて、その別宅とは??

(末尾に写真特集があります)

 ジャッキーは、妻に絶対的な信頼を置き、そして大好きだ。きっと道端で拾ってもらった恩を忘れないのだろう。妻の行くところはどこへでも追いかけて行く。トイレに入っていると、前にも書いたことがあるが、ドアノブを上手に開け「ニャー」と甘えつつ、中に妻がいることを確認する。その度に「トイレぐらいゆっくり入らせて~」と妻の嘆きが聞こえてくる。

 一方のきなこは、妻が動くと食事をもらえるのかと思い、食器の前に急行する。そしてもらえるまで座り込みを続ける。“食べるの大好き”きなこの真骨頂である。

 さて、そんな2人には、何と「別宅」があるのだ! 何を隠そう娘2人の部屋だ。2匹とも、昼間は、別宅にいることが多い。二段ベッドの上下に分かれて、くつろぐ。2匹は、ただひたすら寝ていることが多い。

 その部屋はマンションの廊下側のため、時には窓際に座り、通る人や遠くを眺めている。娘の帰宅時に窓際に2匹がいようものなら、娘たちは大騒ぎ。「おーい! ジャッキー、きなこ、すごく会いたかったよー」

キジトラ猫
「早く帰ってこないかなあ」と娘たちの帰りを待つジャッキー

 娘の部屋の向かいに僕の部屋があるが、こちらにはあんまり来てくれない。おじさんには興味はないらしい。寂しい限りである。

 でも、夜寝る時は必ず妻の寝室だ。枕元にきなこ、足元にはジャッキー。その位置が入れ替わることはない。妻は寝る前に、2匹に顔を埋める「猫吸い」をして幸福感を得てから寝るそうだ。なんともうらやましい。残りの3人はいつかその地位を奪ってみせると、ひそかにたくらんでいるのだが、きっと無理だろう。

 朝起きた後も、特にきなこは、ずっと妻のふとんで寝ている。そのためふとんをたためずにいる。どかすわけにもいかず、そのままにしている。そのたびに妻は「早く別宅に行かないかなあ」と心の中で思うのである。

眠る猫
妻のふとんを占領するジャッキーときなこ

【前の回】きなこには兄弟がいた! 鬼退治には行っていない、あまあま猫の桃太郎

佐藤陽
1967年生まれ。91年朝日新聞社入社。大分支局、生活部、横浜総局などを経て、文化くらし報道部(be編集部)記者。医療・介護問題に関心があり、超高齢化の現場を歩き続けてまとめた著書『日本で老いて死ぬということ』(朝日新聞出版)がある。近著は、様々な看取りのケースを取り上げた『看取りのプロに学ぶ 幸せな逝き方』(朝日新聞出版)。妻と娘2人、オス猫2匹と暮らす。妻はK-POPにハマり、看護師と高校生の娘たちも反抗期。慕ってくれるのは猫の「ジャッキー」と「きなこ」だけ。そんな日々を綴ります。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
日だまり猫通信
イケメンのオス猫2匹と妻子と暮らす朝日新聞の佐藤陽記者が、猫好き一家の歴史をふりかえりながら、日々のできごとをつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。