猫の冬の居場所、どうしてる? 友人の問いで気づいた、“猫団子”で暖め合える幸せ

 暦の上では大寒。都内にあるサビ猫“あんず”とキジトラ猫“モモ”の住まいも、特に朝の冷え込みは厳しいです。そんな中、同じ2匹の猫の飼い主である友人からメッセージがありました。

「冬場の猫の居場所ってどうしてる?」

 ふと我が家の猫らを見ると、2匹でくっついて寝ていて、幸せそう。

「いっつも2匹でくっついて寝ているから、あまり気にしていないかなぁ……」

 私がそう答えると、「そっかー羨ましい!」と友人。そうか、2匹一緒に寝ることは羨ましいことだったのか。言われて気がつきました。

猫団子になるキジトラ猫モモとサビ猫あんず
日向ぼっこのときも猫団子

 我が家の2匹は季節を問わず、くっついて寝るのは日常ですが、友人宅の猫らは、けんかこそないものの、くっついて寝ることなど「ありえない」のだとか。

 友人はそれぞれが寝る冬用のベッドや、毛布的なものをいくつか用意したり、部屋数も多いので温度調節に気を配っているそう。

 なんと細やかな心配り……。私なんて、かなり適当だなぁ……と、改めて冬場の猫について考えていると、もうひとつ気づいたことがありました。猫の冬の寝床を“あまり気にしていない”と答えたものの、実は毎年けっこう気にしていたという大きな間違いに……。

猫が大好きなこたつを出したいけれど

 この連載を振り返っても、毎年のように真冬の猫の居場所について書いていて、かなり気にしていたことを忘れていました……。友人からメッセージが来た瞬間は、猫らが幸せそうだったので、ついあんな返信をしてしまったんです。

 冬場の猫の居場所は、猫が来て5年間ほどは“こたつ”一択でした。ゴハン以外はこたつの中から出てこない日も多く、冬場は猫の姿を見ることが少ないのが定番でした。

 特に寒がりなのは、キジトラ猫のモモ。サビ猫のあんずより、暖かそうな毛皮の持ち主なのに、こたつと一体化。ビビりのモモにとっては、こたつの中が真っ暗で守られている感じがするところも、よいのでしょう。

眠るキジトラ猫モモとサビ猫あんず
あまり寒くない日は、2匹で長くなっています

 しかし昨年から、こたつ本体はあるものの、こたつ布団は出していません……。なぜなら、毎年必ずあんずがこたつ布団に粗相をして、クリーニングに出すということを繰り返していて、心が折れてしまったことが理由のひとつ。

 もうひとつは、娘が自分の手で食事をとるようになると、食卓まわりが食べ物で汚れるようになり、布団があると毎食後の掃除が大変で……。洗濯が簡単な薄い布をかけたりもしますが、 “あたたかくて暗いこたつ”の用意はなくなってしまったんです。

 猫らよ……怠け者の飼い主で申し訳ない……。

日向ぼっこ&ホットカーペット

 最近の猫の1日の居場所はこうです。

 午前中は、日の当たる夫の作業机のそばの猫ベッドで、猫団子しながら日向ぼっこ。

 午後2時頃を過ぎてそこに日が当たらなくなると、私が作業するリビングへ。猫が来たら、私はホットカーペットのスイッチを入れます。ちょうどホットカーペットに日が差すようになるので、背中は優しい日光に当たりながら、お腹はホットカーペットでぬくぬく、これも至福の時間のようです。

 昨シーズン導入したホットカーペットですが、あんずはあまり気に入ってなかったのが、今年は受け入れてくれるようになりました。

ホットカーペットで眠るキジトラ猫モモとサビ猫あんず
ホットカーペットがお気に入り

 夕方に近づいておやつ時になると、あんずがパトロールやダッシュを始め、活動的になります。この辺から、猫の居場所が日によってさまざまに。

 モモは基本的に、あんずと一緒に寝たいので、寝床の決定権はあんずにあります。あんずがキャットタワーに行ってしまうと、モモは諦めて一人で寝ますが、あんずが座椅子や私の足元(布団のないこたつ)に来ると、ついてきます。

 そうこうしているうちに、猫の天敵(?)2歳児が保育園から帰宅するので、猫らは“静けさ”を求めてさまよいます。

 ずっと猫の活動場所ではエアコンの暖房はついているので、それほど寒い場所はないはずなのですが、猫らって“より暖かい場所”を探すんですよね……。

 最近は静けさより暖かさが欲しいのか、ギリギリまでホットカーペットを陣取り、娘が近づきすぎると逃げる……ということを繰り返しています。

キジトラ猫モモ
飼い主の太ももの上にも来ます

 つまり、今シーズンの猫の居場所は、午前中は猫団子で日向ぼっこ、午後以降はホットカーペット、人間が寝静まるとホットカーペットの電源は消すので(エアコンはON)、また猫ベッドで猫団子、というのが猫らの居場所の定番ということです。

 ということは…やっぱり、我が家の猫らは基本的に2匹で暖め合うことが基本で、“飼い主は何もしていない”というので、だいたい合っているということになりますね……。

 猫飼いの数だけ、猫の居場所はさまざまかもしれません。

 我が家の来シーズンは、こたつ布団を出す気力を残しておきたい……そう猫に誓っています。

ホットカーペットで寝るキジトラ猫モモとサビ猫あんず
やっぱり、ホットカーペットが好き

【関連記事】ホットカーペットの快適さが分かった猫と、完全無視を続ける猫

安田有希子
2015年からsippoにて「猫アレルギーですけど」の連載開始。2匹の元保護猫と暮らして4年目に猫アレルギーが発覚するも、平和に暮らす。猫の好きなパーツは、小さく並んだ門歯。幼少の頃「うちのタマ知りませんか?」のすごろくに大ハマりした年代。栃木県出身。

sippoのおすすめ企画

【まなびばsippo】犬や猫の長生きのために必要な知識をオンラインで身につけませんか?

かかりやすい病気の予防法、しつけなどを月額制のオンライン講義で学べます。専門家に、日頃の疑問を直接質問できるライブ講義もあります。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。