取っ組み合いのあと抱き合って眠る兄妹猫 2匹一緒にもらってくれる人を探す

 タロとミニミニが育った空き家は取り壊された。地域の猫ボランティアさんによると、母猫一家はどこかへ引っ越してしまったらしい。

(末尾に写真特集があります)

すくすく成長

 猫は年に何度か繁殖の季節を迎える。母猫を保護して不妊手術をしなければ後を絶てないのは明らかだが、野良猫として生まれ育てば警戒心は強くなり、捕まえるのは難しくなってしまう。

2匹の子猫
パン切りまな板のベッド

 2匹はすくすくと育った。生後ひと月のあいだに野良生活を送ったため、人間を怖がることもあった。物音がすると反射的にベッドの下に隠れるが、すぐに出てきて遊びを再開する。

 タロは無邪気でのんびりしており、こだわらない性格のようだった。赤ひげ先生の予想は外れ、ミニミニはどんどんかわいくなっていった。

2匹の子猫
赤ちゃんライオン

 ブサイクと心配された目の下のクマのような模様は成長とともに鼻の周りまでまるく広がり、すっかりチャーミングに変化した。

 ほっそりと華奢な体つきは相変わらずで、耳だけはやけに大きい。いつもかいがいしくみんなに気を配り、せっせと順番に毛繕いをして回った。

眠る2匹の子猫
いつもくっついている

 ひととおり終えると私や夫の毛づくろいまでしたがった。ミニミニの気持ちはありがたいが、猫の舌はざりざりとして痛い。

2匹を一緒に

 二匹は四六時中くっついていた。激しい取っ組み合いをしたあとも抱き合って眠っている。引き離すのは不憫だから、一緒にもらってくれる人を探すがなかなか見つからない。

くっついて眠る2匹の子猫
いつもくっついている

 出来ることなら知人が望ましい。何人かが兄妹に会いに来てくれた。先住猫との相性を見たいと言われればキャリーバッグに入れて訪問した。

 タロだけを、という人もいたが家族に猫アレルギーがいて断念した。二匹を一緒にもらってくれる人はなかなか見つからない。

2匹の子猫
わんだー&こあ

 夫婦のどちらかが家に居れば四匹それぞれに気を配れるが、共働きでそれはかなわない。家の広さに対しても定員オーバー。

 老いたくまの気持ちを最優先に考えて、一日でも早くも貰い手を探さなければならない。

【前の回】新入りの子猫2匹 取っ組み合っていたかと思えばポトッと寝落ち、夜中は大運動会

(次回は11月18日に公開予定です)

安彦幸枝
写真家。泊昭雄氏に師事。著書に、庭に来る白猫アフとサブが主人公の物語「庭猫」(パイインターナショナル)、「荒汐部屋のすもうねこ」(平凡社)「どこへ行っても犬と猫」(KADOKAWA)「安彦家の窓辺の猫 カレンダー2020」ほか。猫以外には旅と食を得意とし、機内誌や旅雑誌、ガイドブックや書籍などの媒体を中心に活躍中。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
家猫庭猫
 写真家の安彦幸枝さんが、一緒にすごした合わせて5匹の家猫と庭猫の物語をつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。