もらい手募集のチラシ制作がきっかけ 子猫2匹を家に引き取った

アルトくん、かくれんぼ中
アルトくん、かくれんぼ中

 たまたま勤め先で、捨て猫のもらい手を募集するチラシのデザインを担当した。女性は2年前に飼い猫を失っており、譲渡先が決まらない子猫2匹を自ら引き取ることを決めた。家族も2匹をこころよく迎え入れた。

(末尾に写真特集があります)

段ボール箱に2匹の子猫

 2012年4月、奈良県内の住宅地に段ボール箱に入れて2匹の子猫が捨てられていた。犬の散歩をしていた人が偶然見つけたのだという。

 保護主は知り合いが営む印刷会社に頼んで、もらい手を募集するチラシを作ってもらった。そのチラシのデザインを担当したのが、奈良県在住の上本さん。渡された子猫の写真を見て、可愛いと思ったという。「猫を4匹飼ったことがありますが、2年前に最後の猫を亡くしたんです。1週間経っても譲渡先が決まらなかったら、私が引き取ろうと思いました」

美しい顔立ちのレイくん
美しい顔立ちのレイくん

人が大好き

 案の定、1週間経っても譲渡先は見つからず、上本さんは子猫たちを飼うことにした。
「保護主さんは、保護してからすぐに2匹を病院に連れて行き、ワクチン接種も済ませてくれていました。大事にされていたので、ずっと飼い猫気分だったと思います」

リラックスして手を伸ばして眠るアルトくん
リラックスして手を伸ばして眠るアルトくん

 上本さんは「猫をもらうね」と夫にメールを送り、そのまま家に連れて帰った。夫は1匹だと思っていたので、2匹いることに驚いたが、もともと動物好きなので歓迎してくれた。息子が2匹に「アルトくん」「レイくん」と名前を付けた。

 もとは飼い猫だったのか、小さいながら2匹とも人を怖がらなかった。膝の上に乗ってきたり、ぴたっとくっついたり、警戒心のかけらもなさそうだった。

家族をつなぐ2匹の猫

 アルトくんは、優しくて、後から上本さんが飼った猫にも怒らなかった。後輩がくっついてきたら、グルーミングして世話をしたという。

ぬくぬくして気持ちいいなあ、とレイくん
ぬくぬくして気持ちいいなあ、とレイくん

 レイくんも威嚇はしないが、1匹でひょうひょうとしていて、他の猫とはあまり関わらない。ごはんとおやつの時だけ姿を見せるそうだ。

 上本さん一家は夫婦と息子の3人家族。猫を飼ってから一緒に動物病院に行ったり、買い物に行ったりする機会が増えた。猫という共通の話題ができて、よく話をするようになったという。

 上本家には2匹を飼い始めたのを機に、飼い猫が増え、いまでは7匹の猫と暮らしている。どの子も個性的で、見ているだけで癒されるのだという。

【関連記事】畑に捨てられた目の不自由な子猫 親戚宅にもらわれヤンチャに

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。