夜道をついて来た子猫 迷った末、家に入れると手放せなくなった

 深夜の家路、2匹の子猫と出会って、声をかけた。すると、子猫たちは家まで後をついて歩いてきた。猫を飼った経験のない女性は迷ったが、家に子猫を招き入れた。初めての猫飼い。最初はてんやわんやで「飼うのは無理かもしれない」とも思ったが、いまではひとりと2匹、猫との暮らしを満喫している。

(末尾に写真特集があります)

家までついてきた子猫たち

 兵庫県に住む金田さんはカフェを経営している。2016年8月15日の深夜、家路を歩いていると、家の近くの路上に見知らぬ子猫が2匹いた。

「こんばんは」と声をかけると、なんと2匹は後をついて来た。家までずっとついて歩き、戻る気配がない。玄関から入ってこようともしたが、ひとまず外で待たせて、冷蔵庫にあった豆乳を飲ませると、元気に飲んだ。

「お腹がいっぱいになれば帰るかもしれない」と思ったが、帰らない。その日は夜になっても蒸し暑く、そのまま放っておくのがかわいそうに思えてきた。

家に来た時の子猫ヨルくん(手前)、月ちゃん
家に来た時の子猫ヨルくん(手前)、月ちゃん

「子猫を玄関の中に入れたのですが、猫を飼ったことがないので、ツイッターで相談しました」

 すでに時刻は夜中3時半。「それは飼わないと」というコメントが返ってきた。友人がお盆期間も開いている動物病院を探してくれたので、翌日、2匹を連れて行き、診てもらった。生後3カ月くらいで、健康に問題はなかった。

譲渡するつもりが、情がわいて

 金田さんは、最初は譲渡先を探すつもりでいた。だが、2、3日一緒に過ごすうちに情がわいてきてしまった。月のきれいな夜に保護したので、とりあえず「ヨルくん」「月ちゃん」と名前を付けた。そうすると、さらに手放しがたくなり、金田さんは2匹と一緒に暮らすことにした。

月ちゃん(左)とヨルくん
月ちゃん(左)とヨルくん

「猫と暮らしたことがなかったので驚いたのですが、両側から飛びかかってくるので料理ができず、仕事場で朝食を作って食べました。自宅なのにゆっくりごはんを食べることもできず、猫と暮らすのをあきらめようと思ったことさえありました」

 しかし、金田さんはヨルくんのマーキングにもめげず、2匹と一緒に暮らすためにペット可の住宅に引っ越した。

性格が正反対の2匹

 ヨルくん、月ちゃんはきょうだいだと思われるが、性格はまったく違う。

「ヨルはおっとりしているのですが、月はちゃっかりですね。ヨルのほうが体が大きいのですが、月はヨルとケンカしても負けていません」

リラックスしすぎ?
リラックスしすぎ?

 窓がすりガラスなので外が見えないと可哀そうだと思い、時折窓を少しだけ開けてあげる。すると、ヨルくんは「外に出られる」と思って近づいてくる。

 しかし、月ちゃんはなかなかの知能犯。窓を開ける金田さんの手元をじっと見つめて「開け方」を学習している。賢い月ちゃんが窓を開けないよう、金田さんは窓をWロックにして、引き戸にはつっかえ棒をした。

 2匹は金田さんのことをお母さんだと思っているようだ。甘えん坊のヨルくんと、賢い月ちゃん。一人暮らしだった金田さんは動物を飼うことで温もりに触れ、モフモフライフを楽しんでいる。

【関連記事】 会社の駐車場にいた子猫 家に迎えると、夫婦は可愛さのとりこに

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。