猫をしゃべらせるアプリ 癒やされるはずが、真逆の動画が誕生

 猫にアテレコするアプリがあるのをご存知ですか?

 飼い主がセリフをアテレコして猫にしゃべらせている癒し動画が、叔母からたまに送られてきて、ここ数カ月ずっと興味があったので、動物病院から帰宅した後の春の麗らかな佳き日。ついにアプリをインストールしてみることにしました。

 真正面を向いている猫の写真を選び、目の位置や口の位置、あごの位置を合わせ……と、面倒くささに一瞬気持ちが萎えかけたけど「可愛いセリフに癒されたい……!」という欲望に助けられセッティング終了。

 まずはタラコで挑戦!

「この子は人間だったら標準語でしゃべるのかな〜。静岡生まれだから遠州弁かな」などなど考えたんだけど、大盛家はダンナの実家の岡山弁が一番多く使われる方言なので、コレに決定。

 さ、コテコテの岡山弁でしゃべろう!と思ったら、どうしても義母の顔がチラつき、この際、義母がタラコだったら……というテイで、義母が取り憑いたかのようにノリノリで録音。

 さてさて、終了〜! どんなもんか聞いてみるか……と再生ボタンを押してみると、見た目はタラコなのに完全に魂は義母!! 頭なんかもプリプリ動かして、タラコがしゃべってるようにしか見えません。

(↑こちらがその動画。音を出してお楽しみください)

「これは完全に義母猫やん!!」と笑いが止まらなくなりました。

 そりゃあ、私がノリノリで録音したから当たり前なんだけども、癒しとは真逆のベクトルのところに座標がある作品が誕生してしまいました。

 これからは、かわいいセリフでアテレコしよう……と強く思うと同時に、ほんとに義母さんが我が家の猫でなくてよかった!と、日々の生活に深い感謝の念が生まれたアプリ初体験でした。

▼使ったアプリはこちら
「おしゃべりペット」 > App Store

(この連載は毎週金曜日に更新します)

<< 猫ベッドチャレンジ

【関連記事】 クール猫「タラコ」 魅惑のヘソ天と、癒やされない現実

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

sippoオンライン譲渡会開催!浅田美代子さんも参加。

新型コロナウイルスの影響で、保護団体は譲渡会が開けず、苦しんでいます。そこで、浅田美代子さんをゲストにオンライン譲渡会を開催します。次回は5/24(日)13時。協力団体:ねこけん。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。