猫ベッドチャレンジ 空き箱に勝てるヤツはいないのか!?

 猫ベッド、何個買ってもついつい良さそうだと思うと買ってしまいます。
 テント型、筒型、低弾力素材のもの……色々買ったけど、我が家で一番大人気の猫ベッドは“空き箱”です。
 さすがにこれよりは喜ぶよね?と思って色々試しに買うけれども、まずは空き箱の中にダイブ。
 どうしてこんなに空き箱が好きなんだろう?と考えてもさっぱり分からないのでGoogle先生で調べてみました。
 すると……。
「ピッタリくる容器の中に入ると猫の不安が和らぐから」と書いてあって、なるほど~!と納得。
「猫はもともと身を潜めて狩りをする捕食動物、忘れがちだけどいつだって奇襲する獲物を探している動物」と書いてあって納得!
我が家なんて5匹も猫がいるし、子どもも2人いるし、イラッと来ることもすごく多いだろうなあ……。
 我が家の猫たちは傍若無人な子が多いし、長老の岩海苔やクールなタラコなんて、むしろ自分を神と思ってるのでは?と思うこともあるけれども、「なんて騒がしいんだ!! この家嫌だ!!」と思うことが多そう。
 ちょっと、断捨離で箱を全滅させてしまってたけど、猫のために空き箱を復活させようかな……と思いました。

違う違う、そうじゃ、そうじゃない
違う違う、そうじゃ、そうじゃない

 しかし、理屈は色々わかったけど、息子の開けっ放しのランドセルの中や、さっき届いて開けたばかりのAmazonの箱の中など……とんでもない場所でくつろいでる我が家の猫たちを「なんでそんなとこおるんじゃ!!」と、猫ソファを抱きしめて見つめてしまう私のクセは、なかなか抜けそうにないです。

(この連載は毎週金曜日に更新します)

<< ヘソ天に癒やされない現実

【関連記事】 ワシら断捨離ゆるさん連合 やっぱ、猫じゃけぇ(15)

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。