目に炎症、ボロボロな子猫 保護され驚異的に回復し、おてんばに

“箱入り娘”のきなこちゃん
“箱入り娘”のきなこちゃん

 片目に炎症を起こし、文字どおりボロボロだった野良の子猫。カラスに狙われているところを保護された。治療の結果、獣医師も驚くほどの回復をみせ、筋骨たくましい“おてんば娘”になっていた。

(末尾に写真特集があります)

 その日は生ゴミの収集日だった。

 大阪府に住む植田さんが自宅からゴミを出そうとすると、子猫の声が聞こえた。車庫の車の下に三毛の子猫がいた。顔も体もうみでくしゃくしゃになっていたという。まだ朝だというのにたいへんな暑さだった。

 生ゴミを狙って、電線の辺りには、カラスが10羽ほど集まっていた。

「このままではやられてしまう」。植田さんはすぐに子猫を保護して、動物病院に連れて行った。

ボロボロな状態から回復

 歯が生えていたので、生後1カ月半くらい。本来この月齢なら体重が600グラムはあるはずだが、450グラムしかなかった。弱っていて、あまり動くこともなかった。片目はウイルス感染を起こして失明状態、眼球が飛び出しそうなほど腫れていたという。

お気に入りの場所でスヤスヤ
お気に入りの場所でスヤスヤ

 診察した獣医師は「病気だから育てられないと、母猫が捨てたんだと思う」と話した。すぐにでも目の手術をしたい状態だったが、小さすぎて体力がないため、少し待つことになった。

 最初、植田家に連れて来た時は、ひたすら眠っていた。「息をしているか心配になるぐらい。ご飯も食べてくれず、3時間に一度ミルクを飲ませました」

 1週間点眼を続けると、目のはれはひいてきた。点眼も嫌がらず、獣医師にもほめられたという。もう少し経つと、視力も戻ってきた。

 子猫はとてもマイペースなタイプ。診察台の上で体をかいたり、待合室で犬に吠えられると、先生に猫パンチをして八つ当たりしたりした。

運動神経は抜群
運動神経は抜群

元気に成長し、おてんば娘に

 子猫は「きなこ」と名付けられ、植田さんの家猫になった。先住猫のマロンくんとは少しずつ対面し、受け入れられた。

 おとなしいマロンくんとは対照的に、きなこちゃんは成長するにつれ、とてもおてんばな猫になった。「運動会」をよくするので、障子という障子は破られ、ボロボロに。もはやお母さんは修復する気もなくすほどだ。階段も数段ずつ上り下りするたくましい猫になった。

 植田家はきなこちゃんが来て、とても賑やかになった。きなこちゃんは「ごはんが食べたい」など、よくおしゃべりをする。「きなこ」と呼ぶと、「ホワン」と返事をするところがかわいいのだという。

【関連記事】 パステル三毛の野良の子猫 見そめた独身男性に迎えられ幸せに

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。