エサやりと誤解され、「保健所へ」と言われて… 子猫を保護した

家の中でのんびりくつろぐつむぎちゃん
家の中でのんびりくつろぐつむぎちゃん

 道ばたで偶然見かけた人懐っこい野良の子猫。飼うつもりもなかったが、エサやりと誤解され、「保健所に電話する」と言われて、保護することに。子猫はたいへんな甘えん坊に成長した。

(末尾に写真特集があります)

 通勤途中、「ニャアー」という鳴き声がして、歩道沿いの植え込みを見ると、子猫1匹いた。2017年3月のことだった。大阪府に住む栗本さんはその時は、飼う気はまったくなく、「子猫がいるな」と思っただけで通り過ぎた。

 その後も同じ場所を通ると、子猫は空き地でピョンピョン飛び跳ねて遊んでいた。近所の家の軒先でエサをもらっているようで、もう一人、おじいさんも猫にエサをあげていた。

野良猫時代、人に愛されていた
野良猫時代、人に愛されていた

 ある日、栗本さんが子猫の写真を撮ろうとすると、近くの家の奥さんから「連れて帰れ」と怒られた。後で分かったのだが、その家の子どもが猫アレルギーで、神経質になっていたようだ。栗本さんがエサを与えていると思ったらしく、「保健所に電話する」とまで言われた。

声をかけると、子猫はニャーと返事

 子猫に「うちの子になる?」と聞くと、「ニャー」と答えた。もともと「おはよう」と言うと、「ニャー」と言うような子だった。

 猫好きの人が集う居酒屋で相談すると、「殺されるんなら、引き取ったら」と言われた。住んでいるシェアハウスでも、猫はネズミを退治してくれるから、飼っていい、ということになった。

 そこで栗本さんは、友人にキャリーバッグを借りて、子猫を抱っこして捕獲した。子猫は生後6ヵ月くらい。「つむぎちゃん」と名前をつけた。最初は猫好きな人に譲ろうと考えていたいが、もらい手が見つからず、自分で飼うことにした。

野良猫の頃も手を出すとじゃれて遊んだ
野良猫の頃も手を出すとじゃれて遊んだ

すっかり甘えん坊な猫に

 つむぎちゃんは家に来た初日は、ごはんも食べず、水も飲まなかった。2日目、会社から帰って「ただいま」と声をかけると、「ニャアー」と返事をしてくれた。

 ケージから出して、一緒に寝ようと思ったが、深夜2時、3時、4時と“運動会”が繰り広げられた。幸い隣も階下も空室だったので、苦情は出なかった。相手にしないでいると、そのうち夜は眠るようになったという。ただし、相当な甘えん坊だ。

「かまってほしい時や甘えたい時は、耳に口を入れて、『ニャー』と鳴くんです。一度帰宅してから外出しようとすると、膝の上に乗ってキスしてくるんです」

 つむぎちゃんは、すっかり栗本さんのパートナーになったが、野良猫時代にエサをあげていた人やおじいさんは、今でもキャットフードを渡してくれるという。

【関連記事】 犬の散歩途中に見つけた甘え上手な子猫 保護主はメロメロに

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の寄生虫、どんな子も迎える前に検査・駆虫の習慣を 獣医師と保護猫のプロに聞く

「保護猫」を家族に迎える人が増えています。外暮らしを経験したことのある猫の場合、寄生虫への注意が必要です。獣医師と保護猫のプロに聞きました。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。