多頭飼育崩壊で飢えていた猫 15歳で譲渡、「じい」の名返上

「私を背後から襲ってくる狂暴猫。山に捨ててきて」。そう元飼い主は言った。多頭飼育崩壊の中で、ひもじさのあまり、ご飯を持つ飼い主の背中に駆け上がっていた猫。保護された時、10歳はとうに過ぎていた。保護主から愛情を込めて呼ばれた「じい」の名前を返上するほど、譲渡先で元気になり、穏やかな老後を過ごしている。

(末尾に写真特集があります)

明るく暖かな家で寄りそう

 東京近県の田畑の広がる町に、15歳になる猫「トム」は暮らしている。彼の家族は、籠バッグ作家の展子(のぶこ)さんと、推定5~6歳の元放浪犬「ニィナ」だ。

ニィナと。ストーブの前で距離が縮まる(写真提供展子さん)

 トムはこの家にやって来て、まだひと月足らず。なのに、ここで生まれ育ったかのような顔で、のびのび過ごしている。大きな窓がいくつもあって、どの窓からも暖かい日差しが降り注ぐ。窓辺も、ふわふわのソファも、猫ベッドも、ストーブのそばも、どこもお気に入りだ。先住の犬ニィナも怒ることを知らない温厚な性格で、新しい猫生のいい相棒になりそうだ。

 4年前に多頭飼育崩壊から保護されたときにトムが手に入れたのは「飢えのない日々」。そして今、「寄りそう家族」も手に入れた。

「山に捨ててきて」と元飼い主

 もともとトムは、初老の夫婦と娘が暮らす家で、お父さんに可愛がられていたという。だが、トムが3歳くらいのとき、お父さんが施設に入所。その後、庭に居ついたメス猫を母娘が家に入れた。

「不妊去勢をして飼う」という習慣も情報もない農村部で、近所付き合いもない家だった。娘が家を出た後、お母さんは老いていき、未手術のまま猫たちは増え続けていった。

 この飼い主が知人にSOSを出したのは、4年前の秋のこと。「私を襲う猫がいて怖い。山に捨ててきてくれないか」という電話を受けて、駆けつけたのが笑里(えり)さん親子だった。

 糞尿の匂いが鼻をつく部屋に、触ることもできないノラ状態の猫たちがいっぱいいた。2匹の成猫と20数匹の子猫たちを持て余し、飼い主は、1日に1回、ひと握りのカリカリを放るだけだった。猫たちはみんな飢えてガリガリだった。

まだ痩せていた頃(写真提供展子さん)

 なかでも、10歳過ぎのオスの成猫は、体が大きいだけに、いちばん飢えに苦しめられていた。だから、飼い主がカリカリを放る前に、その手めがけて背中を駆け上がっていたのだろう。

「恐ろしい猫」は、人恋しかったのか、笑里さんの目の前で、お腹を見せてゴロンと転がった。了解を得て、笑里さんは、その猫を緊急保護した。それが、トムだ。

 笑里さんは、県内で福祉と連携した犬猫の保護・啓発活動を続けている保護団体のボランティアメンバーである。その後、トムのいた家には福祉関係者が入って、残る猫たちを新しい家に送り出した。

譲渡希望がないまま4年

 笑里さん宅の預かり猫となり、三度三度ご飯にありつけるようになっても、トムは、食べ物に異常な執着を見せた。カリカリの入った袋を置いておこうものなら、噛みちぎってガツガツと全部食べる。ごみ箱を漁る。「食いっぱぐれることはもうない」と理解し、落ち着くまでには、かなりの時間がかかった。

 他の保護猫や保護犬を見ると、よだれをダラダラ流すほど緊張してしまうトムだったが、去勢手術後は、コロリと人懐こく穏やかな猫に変貌した。

展子さんが一目惚れした写真(写真提供笑里さん)

 笑里さん宅での預かり期間、トムはたくさんのことを覚えた。人間に遊んでもらうこと、しょっちゅう声をかけてもらうこと、その声に「にゃあ」と返事を返すこと、撫でてもらうこと、スリスリ甘えること、ご飯の後にゆっくり毛づくろいをすること……。もしかしたら、それは、お父さんに可愛がられていた遠い日々、毎日していたことなのかもしれない。

 年も年なので、譲渡先は「1匹飼い」の条件で探し始めた。ただ、そういう条件で、しかも老年期にさしかかる猫には、なかなか譲渡は決まらず、4年近くが経った。

穏やかで可愛いシニア猫

「このコがいい!」

 譲渡先募集中のトムの写真を見て、一目惚れしたのが、展子さんだった。畑をさまよっていたところを保護され、動物保護指導センターから引き出されたメス犬ニィナと暮らしていた。いい相棒を見つけてやろうと眺めていた保護団体のブログで、ハートをつかまれたのは、犬ではなく、猫だった。

 その猫は、チョコレート色と白の毛に、深い湖のような瞳と、ハートマークにも見える黒い鼻先を持っていた。在宅で創作作業をする展子さんには、いたずら盛りの犬猫は迎えられない。写真の猫は、保護されて約4年、推定年齢14~15歳とある。写真の表情に、その年齢ならではのいじらしさがあった。

ずっと一緒、終生の家族

 トムが参加する譲渡会に出かけた。条件は「1匹飼い」とあったが、トライアルで、まずはニィナに会わせてみることとなった。

 トムがやって来たのは、昨年のクリスマスすぎ。ニィナとトムは、何ごともなく穏やかに対面した。そして、トムは、すんなり展子さんの家族になった。

 保護期間中は、笑里さんたちから愛情を込めて「トムじい」と呼ばれ、「しあわせになるんだよ」と送り出されたトム。ここに来てからなんだか若返り、体つきもいっそうふっくらしてきて、足取りも軽い。「じい」の名は返上だ。

日の当たる窓辺でまったり

「若くない猫の譲渡はなかなか決まりにくいと聞きます。でも、シニア猫や老猫は性格もよくわかって迎えられるし、年輪を経た穏やかさと可愛らしさがあって、付き合いやすいですよ」と、展子さん。

 愛おしげにトムを見やり、こう話しかけた。

「好きなようにのんびり長生きしてね。ずっと一緒だよ」

 ニィナは、2月17日にセンターから引き出された。トムは、10月6日に多頭飼育崩壊現場から保護された。それぞれ新たな命の始まりの記念日を、その名に持っている。

【関連記事】 畑で一番弱虫だった野良猫 保護主恋しさに譲渡先でハンスト

佐竹 茉莉子
人物ドキュメントを得意とするフリーランスのライター。幼児期から猫はいつもそばに。2007年より、町々で出会った猫を、寄り添う人々や町の情景と共に自己流で撮り始める。著書に「里山の子、さっちゃん」「猫だって……。」など。Webサイト「フェリシモ猫部」での「道ばた猫日記」連載は10年目。

sippoのおすすめ企画

猫を動物病院に連れて行っていますか?

ネコの動物病院の受診率が、イヌに比べてとても低いことをご存じですか? 日頃から動物病院で受診することを習慣にして、どのネコにも健康で長生きしてもらいたい。 sippoはそんな考えから、「ネコも動物病院プロジェクト」を実施しています。

この特集について
猫のいる風景
猫の物語を描き続ける佐竹茉莉子さんの書き下ろし連載です。各地で出会った猫と、寄り添って生きる人々の情景をつづります。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。