炎天下の団地にいたガリガリな子猫 病気を克服し、幸せな家猫に

 炎天下の団地に、生後まもない子猫が3匹放置されていた。1匹はすでに息絶え、2匹だけが生きて保護された。寄生虫や皮膚病の治療を経て、それぞれ引き取られていった。

(末尾に写真特集があります)

炎天下の団地に子猫

 2017年7月、大阪府羽曳野市。真夏の太陽がギラギラと照り付ける府営住宅内の道路上に3匹の子猫がいた。

 不妊手術専門の動物病院「ハッピータビークリニック」(八尾市)の辻本さんが子猫たちを保護したが、1匹はすでに力尽きていた。なんとか生き延びた2匹もガリガリにやせこけていて、ミルクを与えるとゴクゴク飲み干したという。

 子猫たちは生後1~2週間。コクシジウムという寄生虫(腸管内に寄生して、下痢を起こす寄生虫)が寄生していた。診察した獣医師によると、子猫にはまれにみるほど大量に寄生していて、普通なら死んでもおかしくなかったという。

 なんとかコクシジウムを退治したが、今度は真菌に侵され、皮膚病でハゲができてしまった。しかし、治療後、それぞれトライアル先が決まった。

一緒に保護されたきょうだい

トライアルから戻った子猫

 白三毛のメスは単身の男性に譲渡され、もう1匹のオスのハチワレ猫も、ある家族のもとでトライアルが始まった。ところが、その一家の息子が猫アレルギーを発症し、10日ほどで泣く泣くトライアルを中止。ハチワレ猫は保護主の辻本さんのもとに戻ってきたという。

 大阪府に住む千田さんは、実家で猫を飼っていたこともあり、結婚後も猫を飼いたいと思っていた。日本猫が希望だったため、ペットショップで購入するのではなく、友人に勧められて保護猫の譲渡サイトを検索。獣医師が中心になって運営している猫の譲渡団体「エイベット」のサイトで、ハチワレの子猫を見つけた。

 「かわいいなと思ったのですが、ちょうどその頃、トライアル先が決まり、募集が中止されたんです。残念に思っていましたが、再度募集がかかったので、すぐに応募しました」

大きく美しく成長したひたちくん

台風の中、子猫に会いに

 10月、大阪を台風が直撃していたが、千田さんは待ちきれずエイベットまで子猫に会いに行った。

 「目が真ん丸で可愛かった。この子しかいないと思いました。エイベットは健康管理もきちんとしてくれているので、安心感がありました。なんといっても保護主さんの辻本さんは猫の飼育になれていて、辻本さんに育てられた猫は、社会化されていて、人懐っこくて飼いやすいんです」

 子猫は「ひたち」くんと名付けられた。千田さん宅にやって来ると、すぐにあちこち探検したり、膝に乗ったり、おやつを食べたりしたという。今では娘さんが「わたしの子」だと言って、毎晩一緒にベッドで眠っているそうだ。

【関連記事】 危険な大通りに隠れていたハチワレ子猫 先住猫4匹が暮らす家に

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

「めざせ20歳!」大人気!服部先生のsippo猫塾、5月スタート

「猫の食事」、「老猫の看取り」などの厳選されたテーマを、「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師から毎月1回、東京・築地で学びます。愛猫が20歳まで生きることを目指して、飼い主として何ができるのか、ぜひこの機会に学んでみませんか。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。