犬の眼科診察にAIを活用する新サービス 病気の早期発見に期待

犬の眼科診察のイメージ=メニコン提供
犬の眼科診察のイメージ=メニコン提供

 犬の眼科診察をAI(人工知能)で助けるネットサービスをコンタクトレンズ大手メニコン(名古屋市)の子会社が10月から始める。診察時に撮影した眼底画像をAIが解析し、可能性のある病気の情報を獣医師に知らせる仕組みで、病気の早期発見や治療が期待できるという。

 新サービス「ファンダスアイ」は、メニコンの子会社メニワンが開発した。事前に蓄積された犬の目の異常画像をもとにAIが可能性のある病気を類推。ネットで獣医師に病気の解説や参考情報を伝え、異常の見落とし防止や治療に役立ててもらう。

診察時に撮った犬の眼底画像をもとに、AIが可能性のある病気を類推して獣医師に知らせる「ファンダスアイ」の画面イメージ=メニコン提供
診察時に撮った犬の眼底画像をもとに、AIが可能性のある病気を類推して獣医師に知らせる「ファンダスアイ」の画面イメージ=メニコン提供

 メニコンによると、国内では約900万頭の犬がペットで飼われ、目の病気は動物病院の疾患割合で6番目に多いという。新サービスは、目の病気の専門的な知識や技術を持たない獣医師を助けるねらい。

 月額1万5千円で販売する。3年後には年間3千万円を売り上げる計画で、メニコンが市場開拓を進める中国にも事業を広げる予定だという。
(山本知弘)

【関連記事】左目だけで飼い主と見つめ合う犬 眼球摘出、腫瘍…激動の11年

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。