留守番でパニックを起こした犬 治療・訓練をへて病院の人気者に

   家に迎えた保護犬が、1匹にするとパニックを起こして暴れ、留守番をさせられない。トライアルをしてみて、初めて分かった。それでも手放さず、治療と訓練を経て、今では幸せに暮らす家族がいる。犬は外出が好きになり、勤務先の病院でも人気者に。犬の治療を機に、飼い主には新しい目標も見つかった。

(末尾に写真特集があります)

   東京・八王子にある一戸建て。介護士の北村大輔さんと、看護師の環奈さん夫妻は、2匹のミックス犬と暮らしている。

   マルチーズとミニチュアダックスフントの混血の姉妹で、11歳の「ハニーパン」と「にじ色」だ。

教室(Dog Culture WISH)でプライベートトレーニング中のハニーパンと環奈さん
教室(Dog Culture WISH)でプライベートトレーニング中のハニーパンと環奈さん

よく吠え、留守番が耐えられない犬

   夫妻がハニーパンを迎えたのは3年前の秋。その3カ月前に見送った先代犬を保護団体「ミグノン」から迎えた縁で、ミグノンのホームページを見たのがきっかけだった。

   8歳の時、親犬や兄弟犬と一緒に動物愛護センターに持ちこまれ、ミグノンに救出された犬だった。

   紹介を受けて、夫妻はハニーパンのトライアルを始めた。

「少し神経質」とは聞いていたが、いざ家に迎えると、どこでもよく吠えた。

   留守番も大変だった。最初は屋内で自由にさせて留守番をさせると、ドアをかじっていた。次はソフトクレートに入れておくと、メッシュ部分を破って外に出て暴れていた。そこで網のケージに入れると、鍵を開けて出ていたという。

 夫妻に慣れるのは早かったが、1匹にすると、パニックを起こしたのだ。1カ月以内に正式譲渡となったが、吠えや分離不安の克服が課題となった。大輔さんが説明する。

「先代犬は高齢で耳も悪いこともあり、静かな落ち着いた子でした。犬によってこんなに違うものかと驚きましたね。外出のたびに騒ぎ、留守番させるとパニックを起こすハニーパンもつらいだろうし、ミグノンさんに相談して行動治療を受けることにしたんです」

葉山にて。環奈さんに抱かれるにじ色と大輔さんに抱かれるハニーパン(2年前)
葉山にて。環奈さんに抱かれるにじ色と大輔さんに抱かれるハニーパン(2年前)

治療の結果、お出かけ大好きに

 動物行動学で有名な獣医師の診察を受けた。保護された背景や日頃の様子を細かく聞きかれ、内服薬(抗うつ薬)とサプリメントを処方された。おやつを使ったトレーニングなども教わった。環奈さんがいう。

「留守時の不安は薬で落ち着いていきました。外出時の興奮に関しては、緊張する場面で特別なおやつ(好きなササミやチーズなど)を細かくして与え続け、おやつに集中させる。嫌なことと大好きなことをセットにして状況に慣れさせていく。徐々におやつの頻度を減らし、望ましい行動をとるとご褒美がもらえるという学習をさせる……という方法を習いました」

 外出先で会った人にもご褒美をあげてもらい、「いい子、いい子」とほめてもらうことで、吠える症状もおさまっていった。環奈さんは、獣医師の治療と平行して犬のしつけやマッサージ、手作り食などを学べる教室にも通った。

「治療を始めて2カ月くらい経った頃、誰に触られても平気になり、お出かけや旅行も大好きになったんです」

病院に通勤したにじ色(左)とハニーパン。嬉しそう。
病院に通勤したにじ色(左)とハニーパン。嬉しそう。

足の不自由な姉妹犬も加わる

 実は、夫妻はハニーパンを迎える際、その姉妹犬「にじ色」の方が気になっていた。若い頃に両前足をけがして治療されず放置されたため、前足に障害があった。床をすって歩くため、外出時には抱っこ袋が必要で、留守番のない家が理想だと説明されていた。

   ハニーパンを迎えてから7カ月後、ミグノンのサイトを見ると、にじ色のプロフィ-ルに「留守番できます」と載っていた。トライアルを経て、家に迎えた。

「にじ色のために、低いソファを置き、リハビリ用の高反発のマットも敷きました。階段は使えないし、すってしまうので外も歩けませんが、家の中の平らなところは早く歩くんですよ」

 にじ色はハンデを忘れてしまいそうなほど元気いっぱい。マットを敷いた居間やキッチンを跳ねるように歩いている。

「患者さん、こんにちわん」「ここはパパママの職場なんだね」
「患者さん、こんにちわん」「ここはパパママの職場なんだね」

患者さんとともに笑顔に

 精神的に問題があったハニーパンと、足に障害のあるにじ色。2匹のケアをしながら、夫妻は「楽しく充実した生活」を送っている。

   2匹は、月に2度ほど、夫妻が勤務するリハビリテーション病院へ一緒に通勤する。患者さんとふれ合うためだ。2匹も患者さんとの時間を楽しみにしているという。

「病院が犬によるセラピーを始めたいというので、うちの子たちを参加させるようになりました。脳や循環器、整形を中心としたリハビリ病院なのですが、麻痺のある方が犬を膝に乗せると、落とさないように集中したり、なでるために手を動かそうとしたり、体を起こそうとしたりするので、セラピー兼リハビリになっていると思います」

   環奈さんは、犬に必要な治療やケアを行い、正しい知識を持って接することで「こんなにも犬は変わるのか」と実感したという。そして、犬のインストラクター養成講座を受講し始めた。

「ハニーパンも、にじ色も個性が違う。勉強することで犬たちとの絆が深まったと感じています。見た目の可愛さだけでなく、犬種の運動量や性格の傾向なども知った上で飼うのは大切なこと。人と犬の幸せな生活をサポートできるような存在になりたいんです」

 環奈さんはそう言って、愛しい2匹を見つめた。

【関連記事】一声でとんでくる愛犬 棋士の親も一目置く、娘と犬との関係

藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。