伸びるボディに、伸び~る鼻の下? 猫のぐっぴーが多義語を解説

 ぽっちゃり猫の「ぐっぴー」が身体を張って、ちょっと使い方の難しい言葉をゆる~く、おもしろく解説する「ぐ辞苑(ぐじえん)」。一つの単語でたくさん意味がある「多義語」。わかっているつもりでも、使う場面や使い方に迷うことがよくあります。そんな「多義語」の用例を「ぐっぴー」が写真入りで説明します。

 第15回は「のびる」です。

(多義語の意味は、岩波書店『広辞苑(第七版)』によるものです)

意味その1:長くなる。広くなる。

用例「軟体動物並みによく伸びるボディ。」

【解説】 ぐっぴーは一見、ボディが長いように思えるが、実はいつも長いわけではない。

  なんと、短いときもあるのだ。

 そう、ぐっぴーは前世、軟体動物であったのではと疑うほどによく伸びるのである。

 最短の状態から徐々に伸ばしていき……

 そして、これが最長のぐっぴーだ。

 最短時と最長時、その身長差はなんと約40cm。

 体重も伸び縮みできれば便利なのに……というのは飼い主の独り言だ。

意味その2:ある点にまで、達する。とどく。

用例「飼い主の酒のつまみに手を伸ばす。」

【解説】 干物ババアである飼い主は、愛してやまないマ〇クポップコーンをつまみにTVを見ながら酒をたしなむ。

 これが、ババリーマンとして働くババアの老体には一番の癒しのひと時なのである。

 そんな中、事件が起こった。

 ポップコーンの向こう側に、熱い視線を感じるではないか。

 その後、しばらく膠着状態が続き、

 我慢しきれなかった飼い主が追いハイボールのため席を立った瞬間

 思いっきり手が伸びてきたのだ。

 その視線からは、飼い主が大事に食べていたマ〇クポップコーンを横取りする気満々であることが伺える。

 マ〇クポップコーンが奪われることを恐れた飼い主は追いハイボールを諦め、マ〇クポップコーンを守ることに専念することとなってしまったのである。

 今となって思えば、もしかしたら、ぐっぴーは飼い主の健康を気遣ってくれたのかも…しれない。

意味その3:疲れたり、なぐられたりして、動けなくなる。

用例「暑くてのびる。」

【解説】 いよいと夏本番が近づいてきた。

 ぐっぴーは毛皮のほか、分厚い皮下脂肪まで着ているため、夏はやや苦手だ。

 急に気温が上昇したある日、ぐっぴーに異変が起こった。

 暑さに負けてしまったのであろう。

 完全にのびている。

 しかし、家の中で最も冷たい床である玄関でのびているあたり、意識はあるだろう。

 その後救済のため冷房をつけるやいなや、

 すぐに立ち上がり、冷房が最もあたる位置で涼んでいた。

 飼い主もそこに座りたい……。

意味その4:女にうつつをぬかす。でれでれする。

用例「お客さん(女性)に鼻の下を伸ばす。」

【解説】 ぐっぴーは女が好きだ。

 男性のお客さんが来ても、

 こんなにイヤな顔をするのだが、女性が来ると

 膝枕したり

 どさくさに紛れて胸を触ってみたり

 チューしたりするのだ。

 鼻の下が伸びた男ほど、みっともないものはない。(嫉妬)

さきとも
さきが飼っていた猫「ぐっぴー」に、ともがひと目惚れし、さきともと「ぐっぴー」の謎の共同生活を開始。2015年、思いつきで一緒にInstagramアカウントを開設。現在はふたりで「ぐっぴー」の育成を行う。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
ぐ辞苑
猫の「ぐっぴー」が身体をはって、使い方の難しい言葉をゆる~く、おもしろく解説する特集「ぐ辞苑(ぐじえん)」です。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!