保護猫「水丸さん」の抜け毛で、暮らしの色がこんなに変わった

猫と暮らし始めると、当たり前だったことがそうじゃなくなります。モデルの松田珠希さんも自分の「変化」に驚きました。

(末尾に写真特集があります)

 こんにちは。過ごしやすい季節ですねー。水丸さんも元気に走り回っています。

 そして、抜けますね~、毛!(泣)  猫を含むペットを飼うたくさんの方がぶち当たるであろう、抜け毛問題。今の時期、本当に本当に抜けます。

 毎日掃除していても、気づいた時には毛のまとまりが床をコロコロ。その景色はもはや西部劇。
水丸さんのミルクティー色の毛が一番目立つ、暗い色の衣服や家具ばかりを選んでいた我が家は、掃除が大変!

 最初は掃除用ブラシや粘着テープでがんばっていたけれど、日に日に取れなくなる「埋もれ毛」も増える一方。

ブラッシング後の抜け毛でトランプさんごっこ。
ブラッシング後の抜け毛でトランプさんごっこ。

 そしてある日、体力的にも限界が来て、心も次第にやさぐれ始め……。

 私は思った、見えるものは見えないようにすればいいと。

 それからというもの、寝具からタオル、着るものなど、新調するものはとにかく白や明るい色を選ぶように。

 そして、みごと抜け毛の「カモフラージュ」に成功。

 明るい色を選び始めて思ったのは、「なぜ私はあんなに暗い色にこだわっていたのだろう」ということ。白や色物、いいじゃない。部屋の雰囲気も明るくなったし、明るい色の服は顔色も良く見える。

「歳をとったら明るい色ばかり着たくなるのよ」という、昔、母親から言われた言葉が、ぬるっと頭をよぎりつつ、水丸さんとの暮らしが始まってから、身のまわりのカラーがまるっきり変化したことに気づいた。

水丸さんと暮らし始めてから増えた、大好きな白いシャツたち。
水丸さんと暮らし始めてから増えた、大好きな白いシャツたち。

 もともとシャツは好きでしたが、気づいたら白シャツだけで6枚も所有しておりました。

 衣替え最中、現れる水丸嬢。「猫あるある」のひとつ、なんか作業してると必ず見に来る。

 そして、私のお気に入りのシャツたちの上を優雅にガシガシ縦断。

 もーーー!! と言いつつ、可愛いぜ。水丸よ。

 そして新しい世界をありがとう。

 ところで猫の足って、決していい香りではないんですが、なんとも言えないクセになる香りがしますよね。次回は、水丸さんの体についてお話ししようと思います。

静かにさりげなく嗅がせていただく松田。
静かにさりげなく嗅がせていただく松田。

松田珠希
メイクやスキンケアの広告に出演し、雑誌やカタログのレギュラー撮影も多い人気モデル。2018年3月公開の映画『去年の冬、きみと別れ』にも出演中。ルックスとは裏腹の飾らない男前な性格で、業界内にもファンが多い。instagram @tamakimatsuda1121
この特集について
犬と猫とわたし
愛するペットと暮らすおしゃれなファッショニスタたち。犬や猫との忘れられないエピソードや日々のライフスタイルを語ります
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。