見て作って癒される「猫アップリケ」52アイテム紹介の手芸本

表紙(スタイリング/伊東朋惠 撮影/安彦幸枝)
表紙(スタイリング/伊東朋惠 撮影/安彦幸枝)

 ワンポイントから楽しめるかわいい猫グッズや、普段使いにぴったりな猫ポーチ、部屋に飾れる猫タペストリーなど、猫づくしの手芸本「いちばんやさしい猫アップリケ」(エクスナレッジ)が発売された。紹介されるのは、全52アイテム。寒い冬は、あたたかい部屋でゆっくりと手芸はいかが?

 

(末尾に写真特集があります)

 

 “アップリケ”とは、好みの形に裁った布(アップリケ布)を、布に縫いとめる手法のこと。猫グッズの作り方はもちろん、アップリケの基本の解説や、実物大図案&型紙も付いているので、写真の通りに作れそうだ。


 表紙の「猫パズルコースター」は4枚で1匹の猫になる楽しい仕掛け。猫形に裁った布をそのまま縫いとめるだけなので、初心者にオススメだ。


 作品は、人気手芸作家13名によるもの。ちょっとメタボな猫や、高いところが好きな猫、寝相がすごい猫など、猫の見た目のかわいさだけでなく、猫らしい魅力がたっぷりのデザインが並ぶ。

 

のび猫ポーチ(スタイリング/伊東朋惠 撮影/安彦幸枝)
のび猫ポーチ(スタイリング/伊東朋惠 撮影/安彦幸枝)

 書籍の制作に携わったのは、猫好きで、猫を飼っているスタッフばかり。そのため、同書の写真には、カメラマンの愛猫が登場したり、スタイリストの私物の猫グッズが写っていたり……まさに猫好きによる猫好きのための手芸本だ。優しい風合いの猫グッズの写真を見るだけでも癒される。


 エクスナレッジの担当編集者は猫のアップリケの魅力について、こう説明する。


「好きな形に布をカットして縫いとめるアップリケは、丸みのある、しなやかな姿の猫を表現するのに向いているのではないでしょうか。布の色柄によって猫の柄やキャラクターも表現しやすく、同じデザインでも、使う布によって全く違った印象になるので、愛猫を表現しやすいと思います。」

 

CATのミニタペストリー(スタイリング/伊東朋惠 撮影/安彦幸枝)
CATのミニタペストリー(スタイリング/伊東朋惠 撮影/安彦幸枝)

「昨年12月に出版した『いちばんやさしい猫刺しゅう』が好評だったことから、今度は、布で作る手芸ということで企画しました。猫雑貨を自分でも作ってみたい、という人にとって、この本がきっかけになればと思っています。」

 

『いちばんやさしい猫アップリケ』
定価:1600円+税
単行本(ソフトカバー): 96ページ
出版社: エクスナレッジ
主なアイテム:猫タペストリー、ごろごろ猫ポーチ、パズル猫コースター、猫ブローチ、猫だらけトートバッグ、メタボCAT&スリムCATのぬいぐるみ、猫クッション、だめ猫たちのピンクッションなど
sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。