犬や猫はタマネギを食べたらダメなの? 危険な食べ物を紹介

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 ■赤血球を壊す成分があるからよ

Q 昨日の晩ご飯はすき焼きだったよ。うちのポチも食べたそうだったからあげようとしたら、お母さんにダメって言われたの。


A タマネギが入っているからね。人間にはおいしい食べ物でも、犬や猫には良くないものもあるわ。タマネギやニラなどには犬や猫にとって有害な成分が含まれていて、大量に食べてしまうと血液の中の赤血球が破壊され、貧血や下痢などを起こすおそれがあるの。


Q えっ、おなかをこわすの。でもタマネギは溶けちゃってたよ。


A 溶けて形をとどめていなくても、有害な成分は分解されずに煮汁に残るのよ。だから加熱してもあげてはいけないわ。シチューやカレーも同じね。ほかにも犬や猫には生の魚介類も注意が必要よ。


Q でも、猫ってお魚が大好きでしょ。なんでダメなの。


A 生のイカやエビなどは、体の中で炭水化物をエネルギーに変える役割のビタミンB1を分解してしまう酵素を多く含むの。生の魚介類を食べ過ぎてビタミンB1が不足すると、脳が働くエネルギーを十分に作れず、うまく歩けないなど運動機能に障害が出ることもあるわ。特に猫はビタミンB1の必要量が多いので、犬より症状が出やすいわ。酵素の働きは加熱することで失われるので、生で与えないようにしてね。


Q ふーん、ほかにも食べちゃいけないものはあるのかな。


A お菓子もね。甘味料のキシリトール入りのガムやアメを、犬が食べるとインスリンの分泌が強く促されるので、少量でも危ないわ。30分ほどで吐き気などの中毒症状が出て、重症だと低血糖や肝臓がうまく働かなくなることもあるの。あとチョコレートも原料のカカオ豆に含まれる苦み成分が吐き気や下痢、けいれんを引き起こすこともあるわ。うっかり食卓に置いたままにして、ポチが間違って食べないように気を付けてね。

 

犬や猫には注意が必要な主な食べ物
犬や猫には注意が必要な主な食べ物

Q チョコはおいしいのにね。人間と犬や猫って全然違うんだ。


A そうね。私たちがよく飲む牛乳も、犬や猫にはあまり良くないわね。牛乳と犬や猫の乳では含まれる成分がずいぶん異なるのよ。牛乳は乳糖を多く含むけれど、犬や猫の乳は乳糖が比較的少なく、その分、たんぱく質や脂肪が多いの。犬や猫にとって、牛乳は乳糖が多すぎてうまく消化できず、下痢をすることがあるわ。今は犬や猫のそれぞれに合った粉ミルクもあるのよ。


Q へぇー。でも、もし間違って食べちゃったらどうしよう。


A 食べた直後だったら吐かせるのが有効よ。様子がおかしければ、動物病院に連れて行ってあげてね。あと飼い主が食べさせてはいけないものをきちんと知って、普段から気を付けることも大事よ。


(取材協力=左向敏紀・日本獣医生命科学大教授、構成=川村剛志)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。