盲導犬と一緒に歩いてみたら「安心できた」 小学校で体験授業

アイマスクをしてPR犬と歩く体験をする児童=広島市西区
アイマスクをしてPR犬と歩く体験をする児童=広島市西区

 広島市西区の市立鈴が峰小学校で6日、盲導犬の体験授業があった。盲導犬や目の不自由な人への理解を深めてもらおうと日本盲導犬協会島根あさひ訓練センター(島根県浜田市)が行う「盲導犬学校キャラバン」の一環。3年生児童30人が参加した。

 センターのスタッフがPR犬のウィティと共に盲導犬の役割や仕事の内容を紹介。児童が盲導犬と一緒に歩く体験もあり、小林凜花さん(9)は「最初は不安だったけど最後は安心できた。困っていることがあれば、これからは助けてあげたい」と話した。

 盲導犬ユーザーの伊藤誠英(さとひで)さん(53)=広島市東区=は「仕事中の盲導犬に声をかけたり触ったりしないで」と児童に伝え、「盲導犬と一緒だと好きな時に好きな場所に行ける。飲食店などでももっと受け入れが進むとうれしい」と話していた。

(田中瞳子)

盲導犬をなでる児童たち=広島市西区
盲導犬をなでる児童たち=広島市西区
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。