映画監督 犬童一心と猫(4) 象のはな子のこと

その日、最後に会った、はな子の姿(写真提供=犬童一心さん)
その日、最後に会った、はな子の姿(写真提供=犬童一心さん)

必ずそこにいた存在の大きさ

 5月26日はWOWOWのドラマ「グーグーだって猫である2」の第4話のダビングをしていた。ダビングとは編集済みの画に、音を整理して音楽をのせていく、まさに完成に向けての最後の作業だ。


 と、ふいに、隣でネットのニュースを見ていたプロデューサーが言った。「はな子、亡くなりました」。私は、唖然としたまま何も言えない。はな子とは、東京都武蔵野市の井の頭自然文化園にいるアジアゾウ。日本最高齢の69歳だった。「グーグーだって猫である2」には重要な役で出演してもらっていた。


 ダビングは今まさにそのはな子の登場シーンに差し掛かろうとしていた。私は、思った。「ああ、とうとうその時がきたか」。しかも、このタイミングで。


 私は、大島弓子さんの名作エッセー猫漫画『グーグーだって猫である』を映画で1度、ドラマで2度映像化している。その全てにはな子は登場する。


 ドラマの主人公、少女漫画家・小島麻子は長く吉祥寺に住み、その街を心から愛している。はな子は同じ街で共に日々を過ごし、死を抱え生きる仲間として多くの示唆を与えてくれる存在。訪れれば変わらずそこにいてくれることに、心から感謝している。


 第4話でも、麻子は突然訪れた人生の岐路に出会い、心に大きな揺れを抱え、その身は自然とはな子の元に向かう。


 実は、撮影を開始する数カ月前からはな子は、ゾウ舎の中から運動場にあまり出なくなっていた。私は井の頭公園のすぐそばに住んでいるので、その園内放送を日々聞いている。最近は「本日、はな子の観覧時間は体調管理のため、2時までです」などという放送が随時流れていたのだ。公園の周りに住む者皆が気にかけていたのではないだろうか。


 撮影日の数週間前からプロデューサーに聞かれていた。「もし撮影当日にはな子が外の運動場に出ていない場合、撮影の予備日をどうしましょうか?」。僕は答えた。「当日、はな子に起こっていることを、麻子はそのまま受け取ることにしようよ。だからその日にしか撮らない」


 撮影日、麻子役の宮沢りえさんと共に、はな子のもとに向かうと、やはりはな子の姿はなかった。運動場は空で、いつも遊んでいたプラスチックのホースが水飲み場にぶらんと下がり、風に揺れている。その空白と化した画は、逆にはな子の存在の大きさを感じさせてくれた。


 帰りがけ、ふと見ると、ゾウ舎の隙間から、はな子がこちらをじっと見ていた。運動場への境界線ギリギリに立ち、じっとしている。正直に言えば、私は「ああ、これでお別れかもしれないな」と思った。


 5歳の幼稚園の遠足での出会い。それから50年、必ずここにいてくれたことへ感謝の気持ちが溢れた。麻子と一緒だった。サヨウナラはな子。

 

犬童一心監督が撮る連続ドラマW「グーグーだって猫である2-good good the fortune cat-」(WOWOW、毎週土曜午後10時から)は、6月11日から放送が始まる。第1話は無料放送(写真提供=WOWOW)
犬童一心監督が撮る連続ドラマW「グーグーだって猫である2-good good the fortune cat-」(WOWOW、毎週土曜午後10時から)は、6月11日から放送が始まる。第1話は無料放送(写真提供=WOWOW)

(朝日新聞タブロイド「sippo」(2016年6月発行)掲載)


犬童一心(いぬどう・いっしん)

1960年東京生まれ。映画監督。79年、高校時代に撮った「気分を変えて?」がぴあフィルムフェスティバルに入賞。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「グーグーだって猫である」「のぼうの城」などがある。

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
保護猫とわたし
著名人が元保護猫との出会いや暮らしについて語ったインタビュー集です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。