災害時の犬猫連れ避難、前もって準備を 県動物保護協会が冊子

ペットと避難するためのパンフレット。「犬編」「猫編」がある
ペットと避難するためのパンフレット。「犬編」「猫編」がある

 災害時にペットを連れて避難するために、日頃からできる準備やしつけをまとめたパンフレットが完成した。一般社団法人静岡県動物保護協会が3月末に作成。「犬編」と「猫編」があり、8~12ページ。それぞれ1千部を作り、県内各市町の役所や保健所、協会と提携する動物病院などに置かれ、自由に閲覧できる。
 

 協会によると、東日本大震災では多くのペットが自宅に取り残された。避難所に連れて行っても、鳴き声や臭いなどが原因で他の避難者とトラブルが多発したという。
 

 パンフレットでは「ケージに慣れさせる」、「他人の手を怖がらないようにする」など、災害に備えたしつけの方法を図式でわかりやすく紹介。ペットとの避難で必要になる防災グッズのリストや、古いジーンズを使った猫を入れる袋の作り方も説明している。
 

 協会の斎藤俊夫事務局長は「きちんと準備すれば、ペットと避難できる。もしもの時に備えて欲しい」と話している。

 

 問い合わせは同県動物保護協会(054・251・6036)。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。