猫ブームなぜ? 「冷笑的な『猫から目線』は現代的」

橋口五葉による『吾輩ハ猫デアル』上編の表紙の一部=神奈川近代文学館寄託
橋口五葉による『吾輩ハ猫デアル』上編の表紙の一部=神奈川近代文学館寄託

 猫人気が高まっている。ペットとして飼う人が増え、創作の世界でもキャラクターに使われる。猫キャラだらけの現代だからこそ、1905年に生まれた「吾輩は猫である」の語り手の猫に共感できるのかもしれない。
 

 飼い猫は犬よりも増えている。一般社団法人ペットフード協会(東京都)によると、昨年の推計飼育数は犬が991万7千匹、猫が987万4千匹。犬が200万匹多かった5年前から逆転しそうな勢いがある。

 

「猫が魅力的なのはミステリアスな行動を楽しめるところ。ハンターとしての野性を維持したまま、ペットとして家にいる。野性モードに入ると、次々と謎めいた行動を引き起こす」
 

 そう話すのは『ねこはすごい』(朝日新書)で猫の身体能力から魅力を説いた北九州市立自然史・歴史博物館の山根明弘学芸員だ。

 

 文学の世界でも古くから猫は身近だった。「源氏物語」では部屋中を引っかき回した結果、女三宮と柏木の密通の端緒を作り出し、「枕草子」には天皇の愛猫として位をもらった猫が出てくる。文献に描かれた猫の姿を追った著書『猫の古典文学誌』(講談社学術文庫)がある甲南大の田中貴子教授は「犬と違い、猫は自由の象徴だった」と話す。

 

「吾輩」と同様、勝手に家に出入りして、えさだけもらっていく。だが最近はペット化が進み、より人間との距離は近づいた。「ペット化されることで人が猫を観察するようになる。謎めいた行動をつい人と話したくなり、会話が促進され、猫好きが増えていく」
 

 人の言葉を操る「吾輩」のような擬人化も進む一方だ。定番のドラえもんや「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘、最近でも「妖怪ウォッチ」のジバニャン、彦根市のゆるキャラ「ひこにゃん」ら、新キャラが次々と登場している。
 

 なぜ猫キャラは増え続けるのか。精神科医の斎藤環さんは「猫は記号化になじみやすい。猫耳、猫目、肉球など、パーツだけでも判別できる」と説く。犬は犬耳、犬目とは言われない。犬種によって形状の幅が広く、一概に記号化できないのだ。「パーツだけで猫と認識される強みがあるので、他の要素とも融合させやすく、様々なキャラクターにしやすい」
 

 さらに犬との違いは、猫世界を失わないまま人間世界に入り込んでいること。「吾輩」は、超越的に世間を批評する存在として描かれる。先生のひざで丸くなりながら人間の話を聞いていたと思ったら、外に出て猫同士の情報網からいろんなゴシップを集めてくる。「もし『吾輩』が犬だったら、人間世界の批評ではなく、もっと人間に寄りそう物語になるでしょうね」

 

「吾輩」の一段上から世を眺める批評性は、現代人にも通じるところがある。「ネット住民も、斜に構えて冷笑的な視線を持っている。共感するところもあるのではないでしょうか」

 

(高津祐典、野波健祐)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。