愛猫、10歳の誕生日 特別なオヤツは「高級」よりも「高齢」用にこだわって

サビ猫あんず
満足してお目々が大きくなる?あんず

 ゴールデンウィークに、それぞれ10歳を迎えた我が家のキジトラ猫モモと、サビ猫あんず。もともと「記念日」に対する意識が低い私ですが、10歳の節目こそは、何か特別なことをしたい!と考えましたが、思わぬ方向に…………。

キャビアにフォアグラ 記念日用の高級猫缶

 ♪ハッピーバースデーを歌ったり、部屋を飾っても、猫は喜ばないし、私も面倒くさい。猫が喜ぶといえば、「食」「遊び」。ということで、インターネットで「猫の高級な食事」を検索してみました。

 すると、キャビア、フォアグラ、フカヒレ、ウナギなどが入った、さまざまなフードが見つかりました。まるで人間の記念日ディナーのようだし、特別感がある! 高価だけど、どれか買ってみようかな……でも、ふと思いました。

 10歳といえば、高齢猫。そんな猫らが、人生で初めての食べ物を今さら食べるのは大丈夫なのだろうか。健康を害することはないか……。

 先日、猫飼いの友人と「そろそろ、高齢猫用のフードに切り替えるべきか?」というやりとりをLINEでしたばかりだったので、余計に気になってきました。たった一食のことで、何か起きることはないでしょうが、やたら深刻に考えてしまい、検索の手が止まりました。

キジ猫モモとサビ猫あんず
10歳になった2匹

 そうだ! 記念日だからこそ、自分の目で現物をしっかり見て購入しよう!と考え直し、広大なペットコーナーがあるホームセンターへ向かいました。

 すると、いつものスーパーの猫フードコーナーの20倍くらいの種類のフードがずらり。ネットで見るより分かりやすくて、何より楽しい。自転車で20分かけて来てよかった。猫缶のコーナーには、さすがにキャビアなどの超高級猫缶はありませんでしたが、とにかく種類が豊富。

「高齢猫用」フードが気になる!

 そんな中、ふと目に留まったのは“高齢猫用”の文字でした。「15歳から」「20歳から」と書かれた猫缶がたくさんありました。今まで気にしたことはなかったけれど、「10歳の記念日」だからこそ、気になります。

 さまざまなメーカーの「高齢猫用」のフードを見ると、年齢で分けたものは、ひとつだけ「7歳以上」というものがあったけれど、「11歳以上」で区切っているものが多い。ということは、フードの切り替えは来年でいいのか……? でも、今年から始めてもいいのでは……?

高齢猫用フード
気になる高齢猫用のフード

 記念日用のフードを買いにきたのに、いつの間にか高齢猫用のフードで悩んでいる自分がいました。特別なものを食べてほしいというより、できるだけ長生きしてもらうために、健康的でおいしいものを食べてほしいというのが、飼い主の本心。

 なので、いつもとは少し違っていて、かつ健康的なオヤツを買うことに決めました。

 ずいぶん前にあげて、あんずの食いつきがよかった「焼きかつお」(高齢猫用)をメインに、そのほか、いつもオヤツにあげているフリーズドライのささ身シリーズの、フリーズドライのシラウオや、砂肝も買ってみました。さらに、猫用ベッドのクッションも新調しました。

記念日用のオヤツをあげてみたけれど……

 たくさん買って帰宅すると、あんずが「オヤツ! オヤツ!」と鳴いています。

「いろいろ買ってきたんだよ~おいしいぞぉ~ハッピーバースデーツーユー♪」

 おかしなテンションで、買ってきたオヤツを準備。パウチの「焼きかつお」を出しました。

猫が大好きな「焼かつお」
猫が大好き「焼かつお」

 誰かのブログでこれを1本丸々食べていた猫ちゃんを見ましたが、食べ慣れないあんずにこのまま出すのも……と、大きめにちぎって出してみました。

「ほら、おいしいぞ~」

 カツオの香りが広がります。あんずは、いつもと様子が違う、大きくちぎったかつおに戸惑いを見せていました。

 ガッツくではなく、クンクンとニオイをかいで、様子をうかがっています。

 あれ……? 思っていた反応と違う。

 ペロッとなめ、ようやく口にかつおを入れますが、いつもはフレーク状のものを食べているせいか、ボロッと出てしまいます。それを何度か繰り返します。

おやつを食べるサビ猫あんず
一生懸命「焼かつお」を食べるあんず

「がんばれ! あんず!」

 おやつを食べるだけなのに、応援することになるなんて。ああ、愛しい。

 いったん、口に入れるのをあきらめて、なめて楽しんだりもしたけれど、何とか口に入れることに成功し、2分くらいかけて食べることができました。パウチ1袋を一気にあげようと思っていたけれど、やめておこう……。

 食べ終えたあんずは、いつものおやつより大満足!といった表情で、口のまわりをペロペロとなめ、お手々で顔を洗って、満足げ。

 結局、記念日というより、いつもとほぼ変わらないけれど、喜んでくれたみたいでよかった。

サビ猫あんず
飼い主の太ももの上で甘えるあんず

 ……あれ? モモは?

 もちろん、モモにもあとであんずと同じオヤツをあげましたが、喜ぶでもなく、モシャモシャ平然と食べていました。喜んでいるのかもしれないけれど、モモにとっては「いつもと同じ」が一番嬉しいこと。これからも元気でいてね。

 【関連記事】猫用トンネルをかついで「ねこちゃぁぁーん!!」 追いかける2歳児、逃げまどう猫ら

安田有希子
2015年からsippoにて「猫アレルギーですけど」の連載開始。2匹の元保護猫と暮らして4年目に猫アレルギーが発覚するも、平和に暮らす。猫の好きなパーツは、小さく並んだ門歯。幼少の頃「うちのタマ知りませんか?」のすごろくに大ハマりした年代。栃木県出身。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。