食い意地王子、猫の「エンマ」 それが嫌いなの? 苦手な食べ物は意外なものだった

冷蔵庫があく音がすると、直後には背後にエンマが。こちらの手元を「ガン見」です。
冷蔵庫があく音がすると、直後には背後にエンマが。こちらの手元を「ガン見」です。

 前回は我が家の次男猫のエンマが、いかに食い意地が張っているかというお話でした。しかしついに、エンマにも食の好みがあることがわかってきました!

(末尾に写真特集があります)

え? そんなものが好きなの?

 人がキッチンにいれば、とにかくおねだり攻撃を仕掛けてくるエンマ。子猫のころは、調理している背中に飛びついてきたり、冷蔵庫の上から飛び降りてきたり。調理中は火も使うし包丁だってあります。前の家にいたころは、締め出し作戦に出たほどでした。

 そんなある日。葉物野菜が大好きな長男・梵天丸にレタスの切れ端をあげていると「うーーぅわぁぁーぅぅ!」

 エンマのおねだり攻撃の始まりです。

 後ろ足で立ち上がり、必死の形相でこちらの手元を凝視しています。お構いなしにこちらは調理を続けます。今度は炒め物を準備を開始。モヤシを水洗いしてザルにあげて……。

「にゃあおぅぅ!」
「エンマの好きなものなんてないよ。野菜しかないよ?」
「んがぁぁっ!」
「だからほら、モヤシだってば!」

 諦めさせるつもりで、モヤシを一本、鼻先に突き出しました。すると「ぱくっ……しょりしょりしょり……」

 た、食べるんかい!

「にゃおぅっ!(おかわり)」

 えええええっ?

 それ以来、冷蔵庫の野菜室からモヤシの袋が出てくるたびに、大騒ぎするようになったのです。

わしわしとモヤシをほおばるエンマ。ほかの猫たちは遠巻きにあきれて眺めているばかり。当人(?)は独占できてご満悦です。
わしわしとモヤシをほおばるエンマ。ほかの猫たちは遠巻きにあきれて眺めているばかり。当人(?)は独占できてご満悦です。

え? これが苦手なの?

 その一方で、ついにエンマにも苦手な食べ物があることがわかりました。

 キャンピングカー旅で北関東へ出かけたときのこと。

 茨城の漁港で魚介を仕入れてから那須のキャンプ場に繰り出すのが我が家のパターンです。漁港の観光客向け市場は、運がいいと刺し身のハギレやアラを分けていただけるので、猫たちも楽しみにしている立ち寄りポイントなのです。

 その日はたまたま、なまり節を売っているお店で、燻製(くんせい)前の半端ものが安く手に入りました。これなら味もついていないし燻製前で癖もなさそう。猫も人間もうれしかろうと、ほくほく買い物して車に戻りました。

 ぶら下げたビニール袋からはいい匂いがしたのでしょう。車に戻ったとたん、猫家族が一斉に起きだしてきて大騒ぎです。

 お刺し身や牡蠣などを車の冷蔵庫に片付け、さっそくなまり節を分けてあげることに。

 包丁で小さめに刻んで、ひとかけらずつあげたのです。

 猫たちは、それはもう大喜び。「おかわりちょうだい!」と騒ぐばかりか、調理台のまな板を狙おうとする始末。夫が必死のディフェンスでくい止めてくれました。

「エンマ、ほら、おあがり」

 カツオのいい匂いがたちこめ、エンマも人一倍大きな声でおねだりしています。彼の鼻先になまり節のかけらを差し出したら……。

(フンフンフン……)

 迷わず食らいつくと思ったのに、慎重に匂いを嗅いでいます。と、突然くるっと向きを変えて、バンクベッド(運転席頭上の常設ベッド)へ逆戻り。

「え? エンマ。ほら、食べないの? カツオだよ! 好きでしょ?」

 よこせよこせと騒ぐ他の子たちを押しとどめ、ベッドのエンマのところまで運んでやります。フンフンと匂いは嗅ぐものの、反応は同じ。ふぃっ、と悲しそうに顔をそむけます。

「なんでー? なんでこれが嫌なの?」

 全く理解できません。本猫はただただ悲しそうな顔をして、わいわいと食べている猫たちを眺めるばかり。

 その後もごくたまにエンマが「いらない……」と言うことがあって、ようやくわかりました。どうやら煮干し、イリコ、シラス、なまり節……。つまり、乾燥したお魚がダメなのです。(塩分のあるものは与えていません)

初めてもらったなまり節が気に入らなくて、がっかりしちゃった時の写真。そのしょんぼりぶりがあまりにおかしくてすかさず撮影しました。
初めてもらったなまり節が気に入らなくて、がっかりしちゃった時の写真。そのしょんぼりぶりがあまりにおかしくてすかさず撮影しました。

 干物はあげたことがありませんが、そもそも狙おうともしません。いい匂いだけはするので、おいしそうだとは思うみたい。なのに食べられないのが残念なのでしょう。食卓に干物があるとそれはそれは悲しそうな顔をします。

「なあ、干した方がうまみを増すし、栄養だってあるんだぞ?」

 夫はにやにやしています。何でもかんでも食い意地の張ったエンマに好き嫌いがあるのを面白がっているのです。

「モヤシが大好きで乾いたお魚が苦手。そんな猫、いるんだね」

 しかし、モヤシをもらう分には誰もライバルはいません。ある意味、エンマが勝ち組なのかもしれませんね。

【関連記事】食い意地王子、猫の「エンマ」 冷蔵庫の上で見張り、鍋ごとガス台から落とす

浅野裕見子
フリーライター・編集者。大手情報出版社から専門雑誌副編集長などを経て、フリーランスに。インタビュー記事やノンフィクションを得意とする。子供のころからの大の猫好き。現在は保護猫ばかり6匹とヒト科の夫と暮らしている。AERAや週刊朝日、NyAERAなどに執筆中。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

この特集について
毎日が猫曜日
猫と暮らし始めて、気が付けば40年! 保護猫ばかり6匹と暮らすライターの、まさに「カオス」な日々。猫たちとの思い出などをご紹介します!
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。