譲渡が決まりかけた子猫 血便が止まらず辞退され、「我が子」に

子猫時代のふくくん
子猫時代のふくくん

 兄弟と一緒に道ばたに捨てられていた子猫。譲渡先が決まりかけたが、原因不明の血便がなかなか止まらず、辞退されてしまった。結局、保護主のもとで「我が子」として飼われることになった。

(末尾に写真特集があります)

道に捨てられていた子猫たち

 2018年4月、大阪府内に住む奥内さんは、病院の帰り、いつもは通らない道を自転車で走っていた。途中、小さな箱が落ちていた。気付いて自転車を停めると、段ボール箱の中には4匹の子猫が入っていた。箱の中にはキャットフードも無造作に入れられており、明らかに誰かに捨てられたようだった。

 子猫たちはまだ産毛で、歯も少し生えていた。生後1カ月半くらい。奥内さんは子猫たちを保護して、猫用のミルクと離乳食を与えて育てた。だが、すでに家には6匹の猫がいた。自分で引き取るのには限界があり、4匹とも譲渡先を探すつもりだった。

元気いっぱい「遊ぼう」とおねだり
元気いっぱい「遊ぼう」とおねだり

 奥内さんは、インスタグラムで譲渡先を募ると、そのつながりで4匹とも譲渡できることになった。1匹は親戚に、もう1匹は信頼できる獣医師の知り合いに、残る2匹はインスタを見て応募してきた人に譲渡することになった。

原因不明の血便

 一緒に譲渡されるはずの2匹のうちの1匹、「ふくくん」は、あまりごはんを食べない子で、以前はよく血便をしていた。

「5月末、滋賀県の人に譲渡するため、連れて行くことになっていた朝、また血便をしたんです。それでも、あちらで病院に連れて行ってくれるというので譲渡しました。3匹の保護猫を飼っている方で、名前も考えて、ベッドも用意してくれていたんです」

 ふくくんは滋賀県の動物病院に連れて行かれ、痔ではないかと言われたという。だが、奥内さんのかかりつけの病院では痔ではないと診断されていた。

ばんざい!のポーズだよ
ばんざい!のポーズだよ

 奥内さんは心配になって、もう一度、かかりつけの病院で診てもらいたいと申し出た。もともとかかっていた病院に連れて行ったが、原因はやはりはっきりしなかった。

 命に別状はないようだが、血便は完全には止まらない。譲渡先から「ふくくんの様子はどうですか」と連絡があり、心配だから様子を見たいなどと言っているうちに、7月になっていた。

 そして、譲渡先から降りたいと言ってきた。そこで奥内さんは、ふくくんを我が子として育てることを決めた。元気は元気なのだが、その後もごはんを食べると血便が出ることもあった。

「ふくは先住猫と一緒のケージで寝たりして、仲が良くて、引き離すのが、かわいそうだとも思っていたんです。いまは他の猫と一緒に遊んで元気に暮らしています」

【関連記事】 マンション10階の廊下に、なんと子猫 住民が保護し新しい家へ

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。