人間女子のハートをわしづかんだイクメン猫 その真意にズッコケ

 

 突然始まった子猫6匹の保護活動。

 母も祖母も子猫と暮らすのは50年ぶりくらいのことらしく、慣れないことが多くて「可愛らしいのもあるけど、ご飯食べよるかどうかやウンチしとるかどうかが気になって心配でたまらん。子猫たちが来てから寝不足なんよ」と連絡が来ていて、私も姉も心配していました。

 しかし、保護してから1カ月くらい経った頃にハートフルなお客さんが。

 子猫たちによく似たがっしりとした父猫!

こちらがそのご本猫
こちらがそのご本猫

 来る日も来る日も、そっと様子を見に来る父猫に、実家の祖母も母も胸きゅん。

「猫いうて気ままなところがあるかと思っとんやけど、ホントに子ども思いなんよ。人間のオスも猫を見習った方がいい人たくさんおるわいね!」などと、父猫が来る度にLINEが来てました。

 そんな父猫、近所の人たちの話では、近隣では幅をきかせた色男で、恐らくボス野良であろうとのこと。

 それを聞いて、「いろんなところに我が子がいるであろうに、こうやって顔を見に来るのがやっぱりモテる秘訣。優しさと強さを兼ね備えた男が一番!」などと人間女子は話していたそう。

迫り来る父。「子供らに会わせてください!!」
迫り来る父。「子供らに会わせてください!!」

 子猫たちの予防接種が終わり、他の猫に少しなら会わせてもいいと獣医さんのOKが出たので、いよいよ親子涙の対面……! と思いきや、まさかの餌へダッシュ!

 ガツガツとご飯をむさぼる姿を見てズッコケた2人は、サッサと捕獲からの不妊手術コンボを決めたらしいです。

 動物だもの。ご飯が一番だよね……!

 私もそういうとこあるからよく分かるよ……。

 と、会ったことないオス猫の背中をさすってやりたい気持ちに、私ゃなりましたよ。

(この連載は隔週金曜日に更新します)

【関連記事】子猫が次から次へと…! 母が猫の秘密結社に目をつけられた

大盛のぞみ
中太りひきこもり系主婦。漫画をInstagramに投稿するのが趣味。好きなものは脂と猫。嫌いなものは運動と努力。赤子系旦那と子供2人、猫3匹の7人家族です。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
やっぱ、猫じゃけぇ
意識低い系主婦による猫マンガ。三度の飯と同じくらい猫が好き。そんな気持ちを毎週部屋の隅っこからぶつけます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。