恋する少女が猫になって会いにいく!『泣きたい私は猫をかぶる』

 6月18日(木)より動画配信サービスNetflixで配信されたアニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』。このタイトルを聞いて、どんなストーリーを思い浮かべますか? 「猫をかぶる」とは、本性を隠して、おとなしい人格として振る舞うという意味の慣用句ですが、本作では文字どおり、主人公が“猫のお面”をかぶり、猫の姿に変身します。

(末尾にイメージカット集があります)

 いかにも冒険ファンタジー的な設定からして心が躍りますが、さらに観ていくと、この映画は、みずみずしい初恋を、とても鮮度を大事にして摘み取ったような青春ラブストーリーなんだと気づきます。

 本作を制作したのは、第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した『ペンギン・ハイウェイ』(18)で知られる新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。その長編アニメ映画第2弾となる本作で、W監督を務めたのは、「美少女戦士セーラームーン」シリーズなどのベテラン、佐藤順一と、スタジオジブリ出身の俊英、柴山智隆ですが、この2人のカラーが相まって、非常に深みのある作品となりました。

主人公の笹木美代(ムゲ)

 主人公は、クラスメートから「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている、ちょっと“不思議ちゃん”の中学2年生、笹木美代。声優を務めたのは、女優の志田未来で、今回もスキルの安定感がハンパない。彼女は、スタジオジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』(10)で非常に達者なアフレコぶりが注目されて以降、さまざまなアニメ作品で、声優としても大活躍しています。

 再婚した父親に引き取られ、義母と彼女の飼い猫と一緒に暮らしているムゲ。彼女が思いを寄せるのは、クラスメートの日之出賢人ですが、なんとも清潔感あふれる好青年のようです。

 ムゲの不思議ちゃんぶりは、序盤の登校シーンでいち早く発揮されます。ムゲがいきなり日之出に向かって“サンライズアタック”という猛烈なスキンシップをお見舞いしちゃう。このドストレートな愛情表現は、猫というよりも犬っぽいかと。

登場人物 日之出賢人

 一方的な片思いにもかかわらず、ここまで直球のアタックをするなんて、見ている側は正直、面くらいます。この先、果たしてこのヒロインに感情移入できるだろうか? と、一抹の不安さえ覚えました。

 でも、そこがストーリーテリングの巧妙さでして。いわゆる『千と千尋の神隠し』的な感じで、最初はそこまでのれないと思っていたヒロインが、さまざまな事件を経て冒険していくことで成長していき、気がつけば応援したくなっていく。ムゲもまさにその変化を大いに味わえる、豊かなキャラクターです。

ムゲは猫の面を被り白い猫の姿に

 実は、ムゲが日之出に対して、ここまで大胆な行動をするのにもちゃんと理由がありました。ムゲは、猫の面を被り白い猫の姿となって、毎晩、日之出に会いに行っていたのです。しかも彼の懐に抱かれ、屈託ない笑顔で「大好きだよ」と言われ、メロメロ状態に。

 そんなことをされたムゲが、勘違いしてしまうのは当然でしょう。甘え上手な猫になったムゲは、至福の時間に毎夜、酔いしれます。

 ただ、そういう素直な一面も見せつつ、家庭環境における孤独感についてはふたをしたままです。実母の勝手な物言いに戸惑ったり、義母に対して心を開けなかったりして、家では毎日憂鬱(ゆううつ)な日々。それに追い打ちをかけるように、学校でも思わぬ出来事が起こります。

「こんな世界なんて嫌いだ」と嘆いたムゲは、人間をやめて猫になってしまおうと思いつめてしまいます。果たしてムゲはどうなってしまうのでしょうか?

学校でも思わぬ出来事が……

 脚本は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(13)や、『心が叫びたがってるんだ。』(15)の岡田麿里。きっと誰もが感じたことのある思春期特有の焦燥感や、周りが全く見えなくなる初恋の無防備さを、とても丁寧に描きつつ、後半は、ダイナミックなファンタジーに持っていくという展開が秀逸です。

 観終わったあと、きっとムゲのことが大好きになり、『泣きたい私は猫をかぶる』というタイトルの繊細さにも大いに納得がいくはず。また、映像も非常に美しいので、ぜひその世界観を思う存分、お楽しみください。

『泣きたい私は猫をかぶる』
6月18日(木)よりNetflixで全世界独占配信
nakineko-movie.com
監督:佐藤順一・柴山智隆 声の出演:志田未来 花江夏樹ほか 
© 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

【関連記事】熱い涙が頰をつたう タオル必須な号泣できる犬の映画3選

山崎伸子
ライター、ときどき編集者、カメラマン。映画やドラマのインタビューやコラムをメインに執筆。趣味は旅行、酒場&酒蔵巡り、パンダグッズ集め。好きな映画と座右の銘は『ライフ・イズ・ビューティフル』。実家に帰るとやんちゃなわんこが二足歩行でお出迎え。

sippoのおすすめ企画

家の中に寄生虫!? 完全室内飼いの猫も対策が必要な5つの理由

「家飼いだから安心」と思いがちだが、実は家の中でも寄生虫のリスクは少なくありません。きちんと寄生虫のリスクと対策を学んでおきましょう【ネコも動物病院プロジェクト】

この特集について
犬の映画・猫の映画
犬や猫が登場する感動作品や、笑顔になれたり、泣ける作品など、観ておきたい映画作品を厳選してピックアップしています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。