グルメタウン長崎は、猫にもやさしい 尾曲がり猫たちが住む街

 

クッキー君「看板猫の仕事も大変なのだ!」
クッキー君「看板猫の仕事も大変なのだ!」

 鎖国が続いた江戸時代、海外との唯一の窓口の出島があった長崎。当時国内では貴重だった砂糖が手に入りやすかったこともあり、今も甘いお菓子の伝統が残る。通常のカステラに桃カステラ、シャーベットのようなミルクセーキや、黄桃とパインの乗った個性的なショートケーキ〝シースケーキ〟。お菓子以外にも、ちゃんぽんやトルコライスや卓袱(しっぽく)料理など個性的かつ美味しい食べ物がズラリと並ぶ。

 グルメの街と同時に坂の街でもある長崎の、狭くて曲がりくねった坂道は猫たちの格好の住処でもある。路地を歩けばカギ尻尾、短い尻尾、お団子尻尾……総称として「尾曲がり猫」と呼ばれる猫たちの姿をよく見かける。長崎は他の地域よりこの尾曲がり猫の比率が圧倒的に高いそうだ。

 そんな街で江戸時代中期から続く、地元民に愛される中通り商店街には猫をこよなく愛する人々と、彼らと相思相愛の看板猫たちが暮らしている。

 ざぼん漬けで有名な「くろせ弘風堂」には、アメリカンショートヘアのミックスの看板猫クッキー君(17歳♂)が。もともと近所で拾われたというクッキー君は、店の前の猫ベッドやショーケースの上でまったりしていることが多いとか。大の猫好きの女将・黒瀬寿子さんは「昔はこの子もヤンキーやったけんね。噛みよったよ」と笑う。喧嘩っ早くて気性が荒かったのも今や昔。見事な好々爺ぶりで次から次へと道行く人に「クッキー!」と声をかけられていた。

 なぜか今年に入ってよく遊ぶようになったクッキー君を見て寿子さんは「年やけん遊ばんとか決めつけたらいかんね」と思ったという。生まれた時からずっと猫と一緒だった寿子さんの「みんなが一家に一匹猫を飼い、少しでも不幸な猫が減ればいいのに」という切なる願いにジーンとする。

バッチリおっさん座りをキメるチョビ君
バッチリおっさん座りをキメるチョビ君

 さらに商店街を歩いていくと、「ジュエリースタジオ FIORETTO(フィオレット)」の前で店番をしているキジ白のチョビ君(2歳♂)に遭遇。体格はいいのにとても穏やかで人懐こく、声をかけると嬉しそうに寄ってきて挨拶してくれた。

 福岡でジュエリーの勉強をして、地元に戻って店を開いたという渋谷久美子さんが、通勤途中でいつも見かけていたチョビ君を保護したのは1年半前のこと。自宅でも2匹の猫と暮らしていたこともあり、チョビ君はお店で暮らすようになったとか。

 とても甘えん坊で抱っこが大好き。膝にもどんどん乗ってくるチョビ君はすぐに近所のアイドルになったものの、完全室内飼いで家族として迎えられる方が幸せだと考えた久美子さんは、一度チョビ君を泣く泣く里子に出したとか。「今まで店と外を自由に出入りしていたので、ずっと鳴きつづけてあまりにも鳴きやまないので結局出戻ってきました」と笑う。近所のパトロール担当のチョビ君は、猫好きご夫婦が営む「かんざき食堂」の前のベンチでよくおっさん座りをして注目を集めている。

 商店街のすぐそばの寺町周辺にも猫は多く、車が入れない小道や階段にもあちこちに猫の姿が。とにかく「キャットファースト」の精神で、何より猫の幸せを最優先に考えている中通り商店街の猫好きさんたちはもとより、彼らを街ぐるみで温かく見守る長崎の人々の懐はとても深い。

(写真・文 平野敦子)

くろせ弘風堂
長崎県長崎市諏訪町8-4
TEL 095-822-3602
営業時間:9:30〜20:30
定休日:不定休
ジュエリースタジオ FIORETTO
長崎県長崎市諏訪町4-14 第三天満ビル1F
TEL 095-811-3300
営業時間:10:00〜19:00
定休日:月曜

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。