誰もいないカフェに、猫だけがいる! “南国の楽園”でひと休み

 石垣島の誰もいないカフェに、猫だけがいる―。そんなミステリーのような話を島の人から聞き、市街地から車で10分ほどの「ももぞの植物園」を訪れてみた。

 まず受付には誰もおらず、缶の中へ入場料100円を入れる。そのまま園内を左へ進むと、無人の白いログハウスが現れる。ドアを開けると確かに誰もいない。が、天井も高く広々としたウッデイな店内にはモダンなテーブルと椅子が並び、奥にある賽銭箱へ500円を入れれば、コーヒー、ジャスミンティー、フルーツウォーター等が飲み放題―。

「誰もいないカフェ」という名のカフェは冷房完備の快適な空間
「誰もいないカフェ」という名のカフェは冷房完備の快適な空間

 オーナーの朝吹徳正(あさぶきとくせい)さん(67歳)にお話を伺うと、個人経営する植物園内にカフェを募集したところ、石垣市街地の海沿いにあるカフェ「Re:HellowBEACH(リハロウビーチ)」が名乗り出てくれて、毎日若い店員さんがドリンクの準備をしに通ってくれるという斬新な仕組み。WiFi無料で、コンセントも設置、クーラーが効いてくつろげるカフェの大きな窓から植物が眺められ、とてもリラックスできる空間となっている。

 お客様との信頼関係でできる、沖縄ならではのシステム。誰もいないけれど、島と人の温かさに触れることのできる場所だ。

息子の政和さんも大の猫好き
息子の政和さんも大の猫好き

 園内には赤い葉のドラセナ、垂れ下がった黄色い花が珍しいマイソルヤハズカズラ、果物のレンブなど熱帯植物がたくさん。説明書きは無いものの、奥様の幸代さんに聞けば親切に教えてくれる。

 植物とともに世話をしているのが、カフェからほど近い管理人棟横の無料休憩スペースにいる猫のチャちゃんとシロちゃん姉妹(3歳♀)。5年前にいたシロちゃんそっくりな母猫の子だが、その姉妹も今ではお母さんとなり、お乳を自分の子でなくても一緒に与えたりと共同で子育て中。息子さんの政和さんも、仕事を手伝いながら大好きな猫たちの世話をしている。

 どのコもフレンドリーで、大きなガジュマルの木の下で子猫が遊んでいる姿は、まるで南国の楽園(パラダイス)だ。

(写真・文 原田佐登美)

【関連記事】 ロケ地・沖縄の島で、緒形拳さんと保護した子猫 東京で幸せに

ももぞの植物園
住所:沖縄県石垣市登野城1889-5
電話:0980-83-1170
営業時間:9:00~18:00
定休日:なし
「誰もいないカフェ」
定休日:火曜
HP

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。