沖縄で出会ったガリガリな黒猫 自らバッグに入って夫婦と東京へ

   旅先の沖縄で、偶然、黒猫と出会った。肩にのせてみると降りようとしない。夫婦の旅行の目的は、友人の結婚式だったが、そこから、猫を東京に連れ帰ることに変わった。そんな夫婦を、猫は自らキャリーバッグに入って待っていた。不思議な猫との出会いの物語……。

(末尾に写真特集があります)

「この子は『くる』。うちなーぐち(沖縄の言葉)で『黒』という意味です」

 東京在住の綾子さんとまさひこさん夫妻の前に、ふっくらとした黒猫が寝そべっている。先住の2匹と一緒に飼っている。「くる」の出身地は沖縄。遠路はるばる東京まで飛行機でやって来たという。

「まさか、沖縄から野良猫を連れて帰ってくるとは思っていなかったんですけど、『くる』は不思議と東京に行く気満々でした…」

公園で出会った瞬間、綾子さんの膝に乗ってきた
公園で出会った瞬間、綾子さんの膝に乗ってきた

ガリガリにやせた黒猫

 出会いは3年前の6月。友人の結婚式に出席するため、夫妻は一足早い夏休みを取って、式の5日前から沖縄本島を訪れていた。滞在3日目は綾子さんの誕生日。切り立った断崖が続く観光地、残波岬(読谷村)に遊びに行った。

「岬の広場で休んでいたら、少し離れたアイスの屋台の近くに黒いものが見えて。『岩かな』と夫と話しながら近づいたんです。そうしたら生後半年くらいの黒猫でした」

   綾子さんが手をさし出すと、膝にのってきて離れなくなった。ガリガリにやせて、お腹をすかせていた。

「捨てられたのかなあ。でも初対面で膝にのってくるなんてびっくり!」

「周りに家もないし、このままここにいたら生きていけないよね」

   まさひこさんが、黒猫を肩にのせてみると、まったく降りようとしない。周囲の観光客も不思議そうに見るなか、黒猫と一緒に灯台から海を眺めた。そうして海を見ているうちに、「一緒に東京で暮らしたい」という思いがわいてきたという。

あの頃はとても痩せていて…
あの頃はとても痩せていて…

猫と一緒に炎天下で食事

   そのまま黒猫を車に乗せて、泊まっていた港近くの宿に連れ帰った。

「『くる』をひとまず庭に置いて、宿に入ろうとしたら、一緒に自動ドアから入ろうとしたんです。宿の主人が気づいて、『客商売だから猫はまずい。港に連れていくかぁ』と言ったので、『それは困る、港には捨てにいかないで』とお願いしました(笑)」

 「東京に猫を連れ帰りたい」。そう言うと、宿の主人は「本当かい? あんたたち変わってんなぁ」と笑って、滞在中、猫が宿の庭で過ごすことを認めてくれた。そして、黒猫を沖縄では「くるまやー」と呼ぶことを教えてくれたという。

  しかし、友人の結婚式は旅の最終日で、残り2日ある。「くる」がそのまま庭でおとなしくしているとも限らない。動物病院に預けようとしたが、どこも営業をしていなかった。そこで夫妻はスーパーでペットフードを買い、できる限り「くる」と一緒に過ごすことにした。

「宿の中はエアコンが効いていて涼しかったのですが、僕らは朝と晩、わざわざ暑いテラスに出て食事をして、『くる』にもフードをあげました。そうするうちに、『くる』はどこかに隠れたり観光客の後を追ったりしていても、僕らを見つけると駆け寄ってくるようになって。ずっとすりすりしてくるので、やっぱり置いていけないという思いを強くしました」

今はふっくら
今はふっくら

披露宴を中座して、猫のもとへ

   問題は東京への飛行機だった。果たして、一緒に帰ることができるのだろうか。

 航空会社に問い合わせると、ペットの搭乗には6000円ほどかかり、貨物室に入れるのでしっかりしたキャリーバッグと、当日の事前手続きが必要だと説明された。

   二人は観光もそこそこにキャリーバッグを探して買った。最終日の結婚式と披露宴は岬近くのホテルで行われるので、参列した後、そのまま帰京する予定だった。

「もう結婚式より猫のほうが気がかりで、連れて帰ることが一大行事になって(笑)。式の間に病院で検査してもらうのが理想でしたが、営業していないので宿に置くしかない。かといって数時間バッグに閉じ込めておくわけにもいかず、庭の隅にバッグを置いて、そわそわしながら式に参列しました」

 夫妻は式に出て友人を祝い、記念撮影をした。だが、披露宴でメインディッシュを食べるあたりからそわそわ。「飛行機の時間」を理由に、デザートを残して宴を中座し、タクシーで宿に急いだ。もし、「くる」がどこかに遊びに行って出てこなかったら、間に合わない……。

 ところが、宿の庭で夫妻が目にしたのは思いがけない光景だった。なんと、「くる」が自分でキャリーバッグに入っていたのだ。

「この子、私たちを待っていた!」

東京に帰る日、キャリーの中で待っていた
東京に帰る日、キャリーの中で待っていた

先住猫にもとけこむ

 東京に戻り、翌日には「くる」を動物病院に連れて行った。家に来た当初こそ、“えっ、ママとパパだけじゃないの?”とでもいうように、先住の2匹の猫にシャーシャーといっていたが、だんだんと折り合いが付き、仲良く暮らしている。

 今もアイスをみると、キラッと目の色を変えるそうだ。

「観光客から、いろいろおすそ分けをもらって生きていたのでしょうね……。あの日、誕生日に出会ったこと自体、縁を感じますが、結婚してすぐに亡くなった最愛の猫キヨちゃんからの“誕プレ”かもしれないなとも思う。模様は違うけど、行動パターンが似ているんです。私が寝ていると、布団の上にのしのしーって乗ってきたりしてね(笑)」

 昼寝から起きた「くる」が、ふっくらとした前脚で綾子さんにそっと触れる。

 やはり猫がこの二人を選んだのだろう。

藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

sippo猫塾の参加者募集!服部幸先生にじっくり学ぶ6回講座

猫のために絶対に知っておきたい知識を、猫専門病院「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師にじっくり学びましょう

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。