大けがの子猫、“安楽死”からまさかの復活 「生きていた!」

抱かれるきなこちゃん。16歳の優奈さんの夢は、お母さんのような猫たちを救う「獣医さん」
抱かれるきなこちゃん。16歳の優奈さんの夢は、お母さんのような猫たちを救う「獣医さん」

 茶トラの小さなノラ猫は生きることを諦めませんでした。大けがをして何日も動けなかったときも。病院に運ばれたものの、容体が悪すぎて安楽死の処置をされたときも。

(写真・文 佐竹茉莉子)

(末尾に写真特集があります)

 きなこちゃんはもうすぐ13歳。賢そうな眼を持つ茶トラの雌猫だ。後からやってきた3匹の保護猫たちのやんちゃにタジタジしながらも、のんびりマイペースに暮らしている。

 そんなきなこちゃんの猫生は、じつは、12年前の冬にいったん終わっていた。いや、終わったはずだった。

 今のきなこちゃんのしあわせは、「奇跡」そのもの。それも、起こりえない3つもの奇跡が重なって、小さな命は救い上げられた。

安楽死やむなし

 12年前の真冬のある日。都内の動物病院に、ノラらしき瀕死の子猫が保護主の手で運びこまれた。ガリガリにやせ細り、潰れた右前足はすでに壊死(えし)が進んでいた。交通事故に遭い、何日も自転車置き場の隅で、飲まず食わずのまま動けずにいたらしい。推定生後5ヶ月の体力では、生きていたのが不思議なほどだった。

 治療をめぐる保護主との話し合いで、院長はこう説明した。「容体は、とても悪い。生きる道が残っているとすれば、肩からの切断手術しかないが、そもそも手術に耐えられる体力があるかどうか。手術は、その後の治療も含め、かなり高額になります」

 最終判断をするのは、飼い主もしくは保護主だ。「安楽死」という苦渋の決断を受け、院長は処置を施した。当時勤務医だった小林充子(みつこ)先生も立ち会い、注射の後に子猫の息がすっと途切れたのを二人で確認している。

3本足であることに気がついていない(?)きなこちゃん
3本足であることに気がついていない(?)きなこちゃん

生きていた!

 翌朝、早番出勤した小林先生は、掃除のためにオペ室に入った。きのう短い猫生を終えた薄幸な子猫が、今は苦しみから解放されて白い小箱に入り、お寺での供養を待っている。

「ミー」と、あえかな鳴き声が聞こえた。信じられない思いで箱を開けると、なんと、きのう安楽死を見届けた子猫が、うっすら目を開けて光射す方を見上げているではないか。「アタシ、死にたくないの」と言うかのように。

 報告を受けた院長も驚愕した。ありえない奇跡が3つも重なっていたからだ。

 小林先生は言う。

「まず、1番目の奇跡は、衰弱しきった子猫の命が尽きなかったこと。安楽死処置をしなかったとしても、朝までもたない容体でしたから。2番目の奇跡は、処置をされたのに、生きていたこと。そんな例は聞いたこともありません。3番目の奇跡は、処置からたとえ生還したとしても、脳の酸欠により麻痺などの後遺症が必ず残るものなのに、それがなかったことです」

 こんなにもひたすらに生きようとしている子猫に、再処置などできようか。この子の生命力なら、もしや大手術に耐えてくれるのではないか。

「手術が成功したら、うちで面倒を見て、譲渡先を探そう」と、全スタッフ一致で決まった。

「うちにおいで」

 右肩先からの大手術にも、小さな命は耐えた。傷口もふさがり、日に日に元気になった子猫は、2度望まれてトライアルに行ったが、いずれもその日のうちに戻ってきた。

「(3本足が)不憫すぎて見ていてつらい、というのが戻された理由でした。子猫が自信をなくしてしょんぼりしているのを見て、うちに迎えることに決めました」と、小林先生は微笑む。

 きょうだいと共に段ボール箱入りで捨てられていた先住猫の「まあこ」ちゃんが「仕方ないわ」といった感じで受け入れてくれた。

 一人娘の優奈さんが「きなこは、自分の右前足がないことに気がついてないんじゃないかな」と言うように、日常に何ら支障はなく、家猫としての平和な生活が始まった。

 きなこちゃんの5年あとにやってきたのは、目も開いてない小ささで、路上の「拾得物」として警察に保護されたキジ白のオス猫「あんこ」くん。小林先生が東京・駒場に開いた動物クリニックに持ち込まれたのだ。

 3年前、まあこちゃんを見送った後には、茶トラのやんちゃ盛りの兄弟「みるく」と「くるみ」がやってきた。本誌2017年1月号「子猫がやってきた!」特集に登場の、京都で保護されたガリガリのノラ4兄弟のうちの2匹である。

 あんこも、みるく・くるみも、それぞれに、命が消えかかるところを救われた小さな奇跡の持ち主だ。

 猫たちは、いつだって、奇跡と隣り合わせに一途に生きていて、「出会えた奇跡・寄り添い合う奇跡・今を生きる奇跡」を私たちに教えてくれる。奇跡とは、諦めないことなのかもしれない。

【関連記事】 ガリガリ瀕死の状態で保護した猫 魔法のように快復、イケメンに

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

sippo猫塾の参加者募集!服部幸先生にじっくり学ぶ6回講座

猫のために絶対に知っておきたい知識を、猫専門病院「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師にじっくり学びましょう

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。