道に捨てられ、声をからしていた子猫 今は腕の中で喉をゴロゴロ

 真夏の太陽が照りつける道路で、紙袋に入れられ、子猫が捨てられていた。必死に助けを求めて鳴いたのだろう。保護時にはガラガラ声で、「ダミ子」と呼ばれた。そんな子猫も引き取られ、今では幸せに暮らしている。

 記録的な猛暑となった2018年夏。各地で最高気温が40度を超え、アスファルトの路面は素手で触れないほど熱くなっていた。

 そんな道路に、紙袋に入れられ、1匹の子猫が捨てられていた。おそらく人が意図的に捨てたものだと考えられる。近所の人が気づいて保護し、動物病院に連れて行った後、保護団体「ワンハート大阪」(大阪府)に引き取りを依頼した。

 猛暑の中、子猫は必死に助けを求めてミューミューと鳴き続けたのだろう。見つかった時、声はガラガラのだみ声になっていたという。そのためワンハート大阪で最初に付けられた名前は、だみ声の「ダミ子」だった。その後、だみ声は治り、「たみちゃん」と改名された。

だみ声だった保護当時
だみ声だった保護当時

困っている猫を迎えたい

 日本にはペットショップが多いため、初めてペットを飼おうという人たちは、まずペットショップに出かけるケースが多い。奈良県に住む川下さん一家も、初めての猫を飼いたいと、ペットショップに猫を見に行ったという。マンチカンやスコティッシュフォールドなど、可愛らしい子猫たちが、ガラスのショーケースの中に並んでいた。

 だが川下さんは、その価格を見て「何かおかしい」と思った。生後2カ月のマンチカンが思わず価格を見直すほど高額なのに対して、生後半年のスコティッシュフォールドは半額になっていたという。

「どちらも愛くるしい猫なのに、おかしい。半額の子猫はどうなるんだろう」

 その一方で、こう思ったという。

「ペットショップの血統書付きの猫も、捨て猫も、どんな猫も可愛いことに変わりはない。だから、困っている猫とご縁があったらいい」

 ただ、小学生の娘はそのスコティッシュフォールドを気に入った。「ご縁があったら、うちに来てくれるよ」と諭して、その日は帰り、数日後もう一度ペットショップに行ってみた。すると、そのスコティッシュフォールドの姿はなかった。店員に確認すると、買われていったという。

 川下さんは、「あの子とは縁がなかったんだ」と少し落胆したが、「新しい家族に迎えられて本当に良かった」と思った。同時に、「あの子は幸せになったのだから、もらい手がなくて困っている他の猫を迎えよう」と決めた。

ぐっすり眠るタルト
ぐっすり眠るタルト

今は腕の中でゴロゴロ

 川下さんはインターネットで猫探しを始め、ワンハート大阪にたどり着いたという。

「猫を迎えると決心した頃、ワンハート大阪のインスタグラムを見て、まん丸な目にビビッときたのが、『たみちゃん』でした。なんとなく茶トラ猫が好きだったのですが、『くつした猫』と呼ばれる白い手も可愛くて」

 ただ、子猫を迎えるには、ひとつ問題があった。川下さんは猫アレルギーがあったのだ。

「主治医に検査してもらい、GOサインが出るのを待っていました。結局、主治医からは『どのみち一緒に暮せば体が慣れてくる。我が家の猫だけは大丈夫ということになるから、猫を飼ってもいいですよ』と言われ、それで譲渡してもらうことができました」

 たみちゃんは川下家に迎えられて、「タルト」と改名。同時に引き取られたもう1匹の子猫「いちご」と、仲良く、にぎやかに暮らしている。

 タルトちゃんは抱っこされてもおとなしく、くりくりの目で見つめ返し、かすかにゴロゴロと喉を鳴らすという。

【関連記事】 建物の壁の間に落ちた子猫 消防にも頼んで、壁を壊して救出

「タルト」「いちご」のインスタグラム

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe
この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。