行き場のない猫が暮らすゲストハウス 保護猫3匹、宿泊客癒やす

「猫の思」オーナーの西森澄江さん
「猫の思」オーナーの西森澄江さん

 行き場をなくした猫が暮らすゲストハウスが高知県越知町にある。運営する女性は「きっと誰かの役に立てるはず」。保護猫は優しく見守られ、宿泊客を癒やす。

(末尾に写真特集があります)

 越知町越知甲の住宅街にある「猫の思(おもい) guest  house OCHI」は、民家を改装したゲストハウスだ。現在、3匹の猫が気ままに暮らす。

 「ここに居るのは、みんな保護猫。来るもの拒まずです」。猫をなでながらオーナーの西森澄江さん(63)は話す。地元で保護した猫とふれあえる部屋を設けたゲストハウスは、開業から2年目に入った。

 2016年7月、近所の高齢男性が亡くなった。孤独死だった。その後、西森さん宅の庭に若い猫2匹が現れるようになった。男性は猫を十数匹飼っており、行き場のない猫が周辺をさまよっていた。

 「一度エサをあげれば、一生責任を持たなければいけない」。西森さんは家族で話し合い、エサを与えないと決めた。だが、食べ物がなく、セミを食べるほどやせ細った姿を見てやりきれなくなった。約1カ月後、2匹を飼うことに決めた。

 管理栄養士として病院や老人ホームで働き、60歳で退職した。昔から猫が好きで、16年前に家族が高知市内で拾った猫を飼っている。「捨てられた猫は人間に対する不信感や恐怖を持っている。猫と人間の関係を取り戻せる場所をつくりたい」。母(95)が老人ホームに入り、実家が空き家になっていた。これを機に、実家を活用してゲストハウスにしようと決めた。

民家を改装したゲストハウス「猫の思」
民家を改装したゲストハウス「猫の思」

 17年9月、猫雑貨があるゲストハウスとして開業した。施設内で猫を飼育する場合は、保健所で第一種動物取扱業の登録が必要。登録に向けて公益社団法人「日本愛玩動物協会」の愛玩動物飼養管理士資格(2級)を取得した。18年5月から宿泊客が保護猫とふれあえる「猫の部屋」を設けた。隣接する自宅にも4匹の保護猫を飼っている。

 口コミで少しずつ利用客が増え、最近は収入で猫のエサを買えるようになった。猫の治療や避妊、去勢費用は、猫グッズの販売や寄付でまかなっている。

 ゲストハウスの利用をきっかけに、殺処分される捨て猫たちの現状を知ってもらいたい。西森さんはそんな思いで活動を続けている。「猫が人を好きになれて、地域にも応援される場所にしたい。年齢があるから大きなことはできないけど、気長にできたらね」

 ゲストハウスは2部屋。1泊1人3千円(税別)。予約はホームページ

(湯川うらら)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。