カラオケボックスで見つかった子猫 高齢犬と穏やかに暮らす

幸せになった「でんちゃん」
幸せになった「でんちゃん」

 こんな所になぜ?と思う場所に、猫が捨てられることがある。その子猫たちは、なんとカラオケボックスの機械の中から見つかった。5匹いたが、命が助かったのは2匹だけ。1匹のその後は……。

(末尾に写真特集があります)

5匹中、生き延びたのは2匹

 2016年の秋、閉店後のカラオケボックス。かすかな猫の鳴き声に気づいて機械の中をのぞくと、なんと5匹の子猫がいたという。すでに1匹は息絶え、もう1匹も間もなく死んだ。保護団体「ワンハート大阪」に連絡して保護を依頼したが、引き渡し後に1匹が死に、命が助かった子猫は2匹だけだった。

 人に捨てられた可能性が高いが、野良猫の母が出産してしまった可能性もわずかにある。保護当時、2匹は体のあちこちが油にまみれていて、排泄物にも油が混じっていたという。

 あまりに小さかったため、当初診た獣医師は生後数週間と判断したが、ワンハート大阪のかかりつけの獣医師は、歯が生えているので、たぶん生後1カ月くらいではないかと診断した。

お客さんだ、隠れなきゃ!
お客さんだ、隠れなきゃ!

たまたま検索で見つけて

 京都府内に住む今枝さんは、スマートフォンを操作していて、なにげなく「保護猫 関西 女の子」と検索してみた。その時、最初に画面に出てきたのが、カラオケボックスで保護された子猫の1匹「でんちゃん」だった。

 ワンハート大阪に保護されていることが分かり、それ以来、ワンハート大阪のブログやインスタグラムに、でんちゃんのことが掲載されないか注目していた。ただ、当時は猫を飼うことは想像していなかった。実は今枝さんは犬しか飼ったことがなく、当時も小型犬と暮らしていたからだ。

 それでも思いは募っていった。2017年3月、でんちゃんがワンハート大阪の譲渡会に参加することになった。そこで今枝さん夫妻は会いに出かけることにした。

テレビを見ているママにかまって攻撃
テレビを見ているママにかまって攻撃

譲渡には二つの問題

 実は今枝さんには猫アレルギーがある。猫がいる家に行くと、まぶたが腫れたり、鼻水が出たり、くしゃみが止まらなくなる。検査結果も陽性だった。そのため、でんちゃんを迎える前に、本当に迎えて大丈夫なのかと悩んだという。

 だが、譲渡会で抱いてみても、症状は何も出なかった。何かあったら病院で診てもらえばいい、もし何かあってもなんとかなる、人間が治療すればいいと考えたという。

 2017年4月、でんちゃんは今枝さん宅にやって来た。幸いその後猫アレルギーの症状は出ていない。

 もう一つの問題が、先住犬の「しずくちゃん」との相性だった。マルチーズとチンのミックスで、10歳のメスだ。

 最初こそ、興味があって近づくしずくちゃんをでんちゃんが「シャーシャー」と威嚇することもあった。徐々に慣れ、でんちゃんが猫同士で遊ぶように、叩いたり、からかったりするようになった。そんな時、先住犬のしずくちゃんは“もう~”と逃げるのだが、逆にしずくちゃんがでんちゃんが被っている帽子を噛んで引っ張っても、でんちゃんも怒りはしない。2匹は互いに大好きなのだ。

 警戒心の強いでんちゃんは、最初のうちは段ボールハウスに籠城することが多かったが、近ごろは今枝さんに甘えるようになった。普通に歩いていて足を踏み外したり、夢中で遊んでいて急に眠ってしまったり。今枝さんは、そんなでんちゃんを見ていると飽きることがないという。

 飼い主と、猫と、犬と。ほどよい距離を保ちながら穏やかに暮らしている。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe
この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!