スーパー駐車場で駆除されかけた子猫 保護されて、幸せに

駆除寸前に救出されたルナ
駆除寸前に救出されたルナ

 スーパーマーケットが仕掛けた捕獲器に子猫がかかった。公園に捨てられそうだった、その子猫を引き取った人がいた。

(末尾に写真特集があります)

 大阪府内のスーパーマーケット。食品を扱うため衛生管理上、野良猫を駆除したかったのだろう。駐車場を出入りする猫を捕まえようと捕獲器をしかけた。残暑が厳しい9月。捕獲器にかかったのは、まだ小さな黒猫の兄弟2匹だった。

 偶然、その場に居合わせた保護主さんが、スーパーに子猫たちをどうするのかと尋ねると、「近くの大きな公園に放しに行く」と言う。母猫のいない小さな子猫だけを放っても、生きてはいけない。そこで保護主さんは「私が引き取ります」と申し出た。猫たちを保護し、動物病院で診察してもらってから、保護団体「ワンハート大阪」に連れて行ったという。

 その後、2匹は、預かりボランティアのもとで、「ぎょう」くん、「むー」くんと名付けられた。

ひなたぼっこ、気持ちよくてうとうと
ひなたぼっこ、気持ちよくてうとうと

警戒心の強い元野良の子

 元野良猫の2匹は人を怖がった。ボランティアはおやつやオモチャを使って、少しずつ心を開かせていったという。むーくんの方は膝に乗って甘えるまでになったが、譲渡会に出すと、兄弟ともにケージの隅でうずくまってしまっていたという。

 大阪府内に住む平松さんは、1年半前に、ワンハート大阪から白猫を譲渡してもらっていた。家族でTNR活動をするほどの愛猫家で、2匹目の猫を探していた。そこで生後約9カ月になったむーくんとぎょうくんを自宅に連れて来てもらった。先住猫がいたこともあって、2匹はハーネスをつけて家族と対面。警戒する2匹に対して、先住猫の方は興味津々だったという。

「ぎょうくんは緊張してソファの陰などに隠れたがったのですが、むーくんはパーカーでくるむようにすると、抱っこさせてくれました。迷いましたが、むーくんのトライアルを始めました」

 平松さんはむーくんに「ルナ」くんいう新しい名前をつけた。

先住犬・猫と。大人気のおやつにみんな夢中
先住犬・猫と。大人気のおやつにみんな夢中

まさかの脱走!

 ルナくんは当初、ケージから出てくる素振りもなく、フードも食べず、水も飲まなかった。その後も、なかなかフードを食べないので平松さんは心配したが、ゆっくり、ゆっくりと慣らしていったという。背中をなでると、少し控えめにゴロゴロといって喜ぶのも可愛かった。

 ところが、家族に迎えて間もなくルナくんが脱走してしまった。

「いつでも帰ってこられるように、窓を全部開けて帰りを待ちました。ワンハート大阪にも連絡したのですが、自分で入ってくるのを待つように言われました。道にルナの臭いがついた猫砂を撒いたりして、約20時間後に帰ってきました」

 ここが自分の家だとルナくんが選んだのだろう。それでもしばらくは警戒心からケージに引きこもりがちだったという。それが今では先住猫とも仲良く同じオモチャで遊ぶようになり、すっかり家族に溶け込んでいる。

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
幸せになった保護犬、保護猫
愛護団体などに保護された飼い主のいない犬や猫たち。出会いに恵まれ、今では幸せに暮らす元保護犬や元保護猫を取材しました。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!