なつかない黒猫と奇跡の一枚 煮干し作戦、超微速で接近中

Eさんと黒猫の「奇跡の1枚」
Eさんと黒猫の「奇跡の1枚」

 うちのチャッピーやグーグーは寂しがり屋で、スキンシップ大好き猫。でも、猫にはいろんな奴(やつ)がいて、飼い主との関係もそれぞれ違います。

 ある日の夜の、映画プロデューサーEさんとのラインのやり取り。

 「あのさ、家の、なつかない黒猫最近どうなの?」

 「変わんないですよ」

 「そうか……どう思ってるのその黒猫について?」

 「え……」

 「真っ黒だからアンコなんだよね。アンコちゃん、なつかないんでしょ」

 「……めちゃくちゃ好きですよ」

 「ふーん、今後どうしていきたいの、その関係?」

 「今のままでも大丈夫です」

 「なんか、大丈夫って、ずいぶん消極的だよね」

 「煮干しをあげながら超微速で、接近中です」

 「どのくらい接近してるの」

 「顔を合わせても3秒くらいは逃げません」

 「前はどうだった」

 「一瞬で逃げました」

 「煮干し作戦、始めてどのくらい経つの?」

 「1年半くらいですね」

 「で、3秒かあ……虚(むな)しくならないの?」

 「全くないです」

 「……愛だね」

 「ですね」

 「保護猫だったよね」

 「ですね」

 「どこにいたの?」

 「麻布の動物病院です。保護猫が3匹いて、その1匹です」

 「運命だね」

 「ですかね」

 「一緒に撮った写真とかないの?」

 「……1枚だけ」

 「へえ」

 「不妊手術前に、1枚だけ撮れたことがあって」

 「送ってよ」

 写真が送信されて来る。

 「おっ、Eさん嬉(うれ)しそうだねえ。たった1回の感触どうだった?」

 「ツヤツヤ」

 「あのさ、これ、このまま朝日新聞のエッセーにしていい?」

 「え?」

 「タイトル、奇跡の1枚」

 「えーっ」

【関連記事】
猫はとても寂しがり屋 心を守るキャットシッターさん

犬童一心
1960年東京生まれ。映画監督。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「のぼうの城」など

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
遠い目をした猫
「グーグーだって猫である」などを撮った映画監督で、愛猫家の犬童一心さんがつづる猫にまつわるコラムです。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。