耳の不自由な白猫「アキレス」が予言 サッカーW杯ロシア大会

ユニホームを着て、サッカーボールの脇に座るネコのアキレス=2018年6月5日、ロシア・サンクトペテルブルク、高野遼撮影
ユニホームを着て、サッカーボールの脇に座るネコのアキレス=2018年6月5日、ロシア・サンクトペテルブルク、高野遼撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)では、2010年南アフリカ大会で試合結果を次々と的中させたドイツのタコ「パウル君」が話題を呼んだ。ロシア大会でも「予言」を担う動物がいる。耳の聞こえない白ネコ「アキレス」だ。事前の大会では4試合中3試合で的中。すでに国内では人気者になっている。

 ロシアの古都サンクトペテルブルク。エルミタージュ美術館に、そのネコはすんでいる。世界遺産の壮大な建物の階段を下り、地下の扉を開けると、薄暗い地下室の至るところにネコの姿があった。その数、70匹。ネコの「秘書役」というマリア・ハルツネンさんによると、美術品をネズミから守る「警備員」として大切にされているという。

 そんなネコたちに「大役」の依頼が舞い込んだのは1年前。W杯のテスト大会でもあるコンフェデレーションズカップに向け、「予言役のネコを1匹選んで欲しい」とサッカー協会から依頼があった。

 美術館職員らの目に留まったのが「アキレス」だった。真っ白な毛並み、青い目、折れた尻尾。魅力的な外見に加え、「耳の聞こえないネコに幸せを与えたい」という思いもあった。

(サンクトペテルブルク=高野遼)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。