すべてを失っても自由 心の涙、寄り添う猫が聴く「夜廻り猫」

夜廻り猫が描く父の言葉
夜廻り猫が描く父の言葉

 誰しも、生きていれば浮き沈みがあって、自分の力では解決出来ない苦境に立つこともあるかもしれません。でも、作者の深谷かほるさんは「中には、つらいときにも気力を失わない人もいるんですよね」と話します。


 そんな「気力や救いが生まれる時」を描きとめたいと、この漫画を描いたそうです。


「形はないものですが、無限の励ましを誰かに与えられることもあります。人が人に与えうるものは、無限に大きいんだなと感じます」

 

 

深谷かほる(ふかや・かおる)
漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年からツイッターで発表している漫画「夜廻(まわ)り猫」が、17年の手塚治虫文化賞短編賞を受賞。
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。