12年ぶり復活のイヌ型ロボットaibo、「家族が増えたね」

アイボを手にした購入者代表と川西泉執行役員(右から5人目)=11日午前11時42分、東京都港区、池永牧子撮影
アイボを手にした購入者代表と川西泉執行役員(右から5人目)=11日午前11時42分、東京都港区、池永牧子撮影

 イヌ型ロボット「aibo(アイボ)」を11日に売り出したソニーは、東京都港区の本社に購入者を招き、引き渡し式を開いた。12年ぶりの復活で、人工知能(AI)が新たに搭載されている。


 式には旧型アイボを抱えて参加する購入者も。アイボがお手をしたり、ハイタッチをしたりすると歓声があがった。東京都中央区の杉本真洋(なおひろ)君(7)は「ボールを使って一緒に遊びたい」。母親の容子(やすこ)さん(49)は「家族が増えました。息子のよい遊び相手となり、ロボットへの関心にもつながれば」と話していた。


 アイボ本体は税抜き19万8千円。基本プランへの加入が必要で税抜き月2980円(店頭販売はしない)。詳しくはホームページ(https://aibo.sony.jp/)。


<関連記事>
復活したイヌ型ロボット、カワイイ新型aiboが海外進出?!
イヌ型ロボット「アイボ」復活、あきらめなかった技術者たち

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。