ブラッシングに「クゥ~」 声をあげる猫の気持ちは?

コロコロが大好きなあんず
コロコロが大好きなあんず

 猫たちは、冬場はどんどん毛が生えて、あまり抜けません。そのせいか、ついついブラッシングを忘れがちになってしまいます。


 飼い猫の中でも、ブラッシングが好きな猫、あまり好きではない猫がいるかと思いますが、我が家には、両方のタイプの猫がいます。いや、どちらも好きなのかもしれないけど、ちょっとタイプが違います。


 活発なサビ猫あんずは、ブラッシングが大好き。ブラシを見せるだけで、ニャーと喜び、ゴロンと横になって、ブラッシングの催促をします。


 強めにブラシをかけてやると、“あぁ~効くわ~”とでも言ってるように「クゥ~~」と鳴いて目を細め、お手々を丸くさせます。私もマッサージは強めが好きなので、同じタイプのようです。


 あんずはブラッシングをしていると、自分で寝返りを打って、まんべんなくブラシをかけるように促してきます。


 全身をブラシすると、結構毛が抜けるので、ブラシの後は“コロコロ”して細かい毛を取り除きます。


 コロコロとは、部屋の細かいごみを取る粘着テープのこと。あんずは身体に直接粘着テープを当てるのも大好きで、私がコロコロを手にすると、すぐに寄ってきます。


 掃除のために手にしたときも、「ウニャニャ」と鳴いて寄ってくるため、あんずを“コロコロ”してやってから、掃除に取り掛かります。

 

メリークリスマス。サンタがやってきました。
メリークリスマス。サンタがやってきました。

 一方、モモはブラッシングが苦手。いや、本当は好きなのですが、極度のビビり体質のため、“ブラシ”や“コロコロ”などの道具を恐れているようなのです。


 モモはあんずよりも毛がみっしり生えているので、マメにブラシしないと、自分で舐めとって沢山毛を飲み込んでしまいます。なので、モモのほうが、ブラシが必要だったりします。


 モモにブラシを見せると、ビクビクして、後ずさりしてしまいます。無理に捕まえても嫌がるので、まずはあんずにブラシをかけて、モモをおびき寄せます。


「あんずちゃん、気持ちいいでしょ、楽しいねえ」

「にゃぁ~~」


 と、仲睦まじい様子を見せつけられたモモは、うらやましくなり、近寄ってきます。


 そこを、すかさず捕まえてブラシしてやると、「甘えたい」気持ちがブラシの恐怖に勝り、顔は緊張しつつも、ゴロゴロと喉を鳴らし、徐々に「怖いけど気持ちいい……」といった感じでブラシをさせてくれます。


 コロコロの場合はもう少しやっかいで、“自分がコロコロされているところ”を見ないようにやってあげるのが大切です。


 モモの首あたりに左手で壁のようなものを作り、右手でコロコロしてやると、コロコロの感触は気持ちが良いようで、ゴロゴロ言ってくれます。


 すると、今度はあんずがうらやましがり、“私もやって!”とばかりに、モモの横に身体を横たえます。


 そしてまた、あんずをブラシし、コロコロ……。モモもすり寄ってくるので、ブラシ&コロコロ……。


 と、何だかんだで、最終的には、結局2匹ともブラシ&コロコロのコンボを催促する流れになります。


 その様子を見ていると、猫たちはブラシそのものが好きという以上に、“私のお世話をしてくれているわ~”みたいな雰囲気が好きなんだろうなと感じています。


 ブラッシングは、猫との大切なコミュニケーション。冬場も忘れず、いっぱいしてあげたいと思います。


(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この連載について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。