沢尻エリカさんに猫の「良男」が恋! 新作映画「猫は抱くもの」

犬童一心監督の新作猫映画は2018年6月23日公開予定(c)『猫は抱くもの』製作委員会
犬童一心監督の新作猫映画は2018年6月23日公開予定(c)『猫は抱くもの』製作委員会

 私の新作猫映画のタイトルは直球です。「猫は抱くもの」。原作は「猫弁」シリーズの大山淳子さん。


 写真で、沢尻エリカさん扮する沙織が抱いているのはロシアンブルー、名前は良男。自分を人間と思い込み、沙織を守るべく騎士として生きる。良男の爆発する恋の病と沙織の人生の再生を描いた作品だ。


 かつて、私の作品で猫との共演を強いられた小泉今日子さんや宮沢りえさんに続いて、沢尻さんも思い通りにならない、いつ終わるとも知れぬ猫たちとの撮影に身を挺してくれた。


 セットの裏を抜けようとすると沢尻さんが暗がりで床に座り込みニコニコしている。「ああ、この光景、前にもあったなあ」と思う。近づくと、やはりキャリーバッグに入った良男に話しかけ、笑顔で相手をしてくれている。小泉さんも、宮沢さんも、同じように休む間も猫とコミュニケートしてくれていた。撮影前の一緒にいる時間は大切。猫が共演者に心を許してこそ生まれる奇跡。


 出演者に、その大切さを知らせてくれるのは、「市原ぞうの国」のアニマルトレーナー、坂本峰照さん。合間にさりげなく猫たちを紹介して、いつの間にか仲良くさせてくれる。


 そんな坂本さんに、「ねえ、動物を撮影するときに一番重要なのは何だと思う?」と尋ねてみた。坂本さんは言った。「リラックスすることですね」。「ああ、動物を安心させるんだね」と言ったら、「僕がリラックスすること」と返された。「難しいシーンでも時間がなくなってきても、自分がちゃんとリラックスしてないと、緊張が、動物に伝わって、ダメになってしまうんです」と何げなくとても重要なことを教えられるのだった。さすが、生まれた時から自宅でライオンと一緒に住んだ人だ。


 さて、映画にはこのロシアンブルーの良男が擬人化されて登場します。果たして演じるのは誰でしょう? よく見るとちゃんと似てます。

犬童一心
1960年東京生まれ。映画監督。主な監督作品に「金魚の一生」「二人が喋ってる。」「金髪の草原」「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「のぼうの城」など
この特集について
遠い目をした猫
「グーグーだって猫である」などを撮った映画監督で、愛猫家の犬堂一心さんがつづる猫にまつわるコラムです。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。